東京アニメアワードフェスティバル2023

TAAFニュース

NEWS

TAAF2022 コンペティション部門観客アンケート結果発表!

昨年度に続き、コンペティション部門の上映時に、観客の皆様にアンケートをお願いしました。
長編アニメーションは作品の評価を1〜4個の桜の数で、短編アニメーションはお気に入りの作品を各スロットで3つ選んでいただきました。その結果をお知らせします。

短編アニメーションは、みなさんの「お気に入り」が集中せず、様々な作品が桜を集めました。
それぞれの方にお気に入りの作品があった、多様性のあるノミネート作品が集まった結果だと思います。
そのため、今年の観客アンケートは、得票数のみで割り切れるものではなく、昨年とは少し違う形式で、皆さんの感想をお知らせします。

長編アニメーション


マード 私の太陽』が、最も多く桜を集めました。
他の3作品は、桜の数が拮抗しており、観客のみなさんも甲乙つけがたかったのだということがよく分かりました。

短編アニメーション スロット1

ゴールデンアワー』がダントツの人気でした。それに続くのが『トリオ「ザ・独唱者たち」』でした。
マチルダのスペアヘッド』『死神とワイン職人』『高野交差点』『菜の花のころ』も「お気に入り」をたくさん集めました。

短編アニメーション スロット2

たいせつなこと』『砂漠の箱舟』の2作品が多くの「お気に入り」を集めました。
それに続くのが、『靴の中の小石』『乾いた海』でした。

短編アニメーション スロット3

2回の上映で観客のみなさんの「お気に入り」が大きく分かれました。
語らない思い出』、それに続いて『わたしのトーチカ』『ルイーズ』という結果でした。
夜の番人』『穏やかな狂気、激しい錯乱』『予期せぬ出来』『駐車場でアメを食べたね』も「お気に入り」を集めました。 

 

 

 

NEWS ARCHIVE

PAGETOP