東京アニメアワードフェスティバル2022

プログラム

PROGRAM

死神とワイン職人
Death and the Winemaker

スイス 2021年 0:18:59 言語:フランス語 字幕:日本語・英語
TAAF2022 コンペティション部門 短編アニメーション スロット1

お金持ちの隣人の娘、愛するマチルドに結婚してもらうため、世界一のワインを作ることに没頭する若きワイン職人。彼の作ったワインがあまりにも素晴らしいので、死神までもが飲ませてくれといってきた。マチルドの恐ろしい運命を知ったワイン職人は死神を樽に閉じ込めてしまう。自然の法則を無視する代償も考えずに。

A young winemaker devotes himself to creating the best wine in the world, to win the hand of his beloved Mathilde – the daughter of his rich neighbor. He creates a wine so exquisite, that even Death demands to taste it. As he learns the awful truth about Mathilde’s fate, he captures Death in a barrel, ignoring the consequences on the natural order of things.

上映情報

3.11 [fri] 10:00-11:42

Mixalive TOKYO Hall Mixa

学生:¥800 一般:¥1,000

※当日券は200円増し

チケット購入


3.13 [sun] 13:00-15:02

Mixalive TOKYO Hall Mixa

一次選考委員解説付き

学生:¥1,000 一般:¥1,200

※当日券は200円増し

チケット購入


新型コロナウイルス感染症の拡大状況により人数を制限して実施する必要が生じた場合は、お申込みをキャンセルさせていただく場合がございます。
その他の対策やご来場の皆様へのお願いを掲載しておりますので、ご来場前に必ず下記ページをお読みください。

新型コロナウイルス
感染症対策について

監督
ヴィクター・ジャキエ
Victor Jaquier

1982年ローザンヌ生まれ。動画とストップモーションを織り交ぜた短編映画『Cronos and Rhea』以降、異なるテクニックを好んで探究している。2007年にCanal+ アンソロジー『Sable Noir』の1エピソードを監督。2010年には20分の実写映画『The Black Lake』を制作した。『死神とワイン職人』は、自身初の手描きのアニメーションだ。

Born in Lausanne in 1982, Victor Jaquier likes to explore different techniques, since his short film "Cronos and Rhea", which mixes live action and stop-motion. In 2007, he directed an episode for the Canal+ anthology, "Sable Noir". His 20-minute live action, "The Black Lake" was made in 2010. "Death and the Winemaker" is his first hand drawn animation.

Death and the Winemaker - trailer (2021) from Victor Jaquier on Vimeo.

戻る

プログラム スケジュール

PAGETOP
CLOSE
CLOSE