東京アニメアワードフェスティバル2022

TAAFニュース

NEWS

アニメーション業界のこれからを考える多彩なプログラム開催決定!

※TAAF2021の様子

 

今年のTAAFも、アニメーション業界の未来を様々な側面から考える多彩なプログラムをご用意いたしました!
オンライン配信も実施いたしますので、ぜひご参加ください!

 

アニメーション・クリエイティブ・テクノロジー・フォーラム(ACTF)2022 in TAAF

昨年に引き続き、日本アニメーター・演出協会との共催企画として、ツールやシステムの紹介、アニメーション制作におけるノウハウの共有、人材育成、新技術の活用、リモートワークの動向など、「アニメーション制作に係わる制作者が必要とするデジタル制作技術に関する情報獲得の機会を提供する」ことを目的として、 「ACTF2022 in TAAF」を実施します。

日時 2022年3月12日(土)13:00~18:00:YouTubeLive (各社事例紹介)
2022年3月13日(日)11:00~17:00:展示
会場 としま区民センター 7F 701~703会議室
東京都豊島区東池袋1丁目20−10
登壇 キネマシトラス、ササユリ動画研修所、グラフィニカ 他
出展 CLIP STUDIO PAINT、ToonBoom、OpenToonz、SavePoint、SGA WORKS、ササユリ動画研修所、リトルビット 他
料金 無料

プログラム詳細

デモ体験:「アニメ×ドルビー」 最新技術を使った
テレビとオーディオ機器でアニメを体験!

いつも見ているアニメをDolby VisionとDolby Atmosに対応した最新のテレビとオーディオ機器で体験しよう! Disney+他のアニメ作品をシャープ製85インチテレビとヤマハ製オーディオ機器でご視聴いただけます。
デモを体験いただいた方から抽選で20名様にドルビーグッズをプレゼント!
※都合によりプレゼント商品が変更になりました。

日時 2022年3月11日(金)13:00~17:00
2022年3月12日(土)/13日(日)11:00 ~17:00
2022年3月14日(月)11:00~16:00
会場 オトメイトビル6F オトメイトスクエア
豊島区東池袋1-23-5
料金 無料

プログラム詳細

アニメー制作とドルビー技術 (Dolby Vision/Dolby Atmos)

近年、アニメ映画制作に用いられるようになったHDR技術Dolby Visionと立体音響Dolby Atmosとはいったい何か、基礎知識から制作ワークフローまでを分かりやすく紹介します。 フリーアナウンサーの真鍋杏奈さんとDolby社員によるトークセッション。 アニメ制作に携わる方はもちろん、Dolby技術が使われたアニメは何がすごいのか興味ある方は是非ご参加ください!
日時 2022年3月13日(日) 15:00~16:00
会場 としま区民センター6F 601~602会議室
東京都豊島区東池袋1丁目20−10
登壇 萩谷 太郎(Dolby Japan株式会社)
真鍋 杏奈(フリーアナウンサー)
料金 無料

プログラム詳細

シンポジウム
みんなで考えよう ― こうすればデジタル化はうまく行くAct1+Act2 ―

JAniCAの調査資料を基に、アニメーターのデジタル対応がどのように進んでいるかを読み解いてみます。そして幾つかの対応例を、ハード、ソフト、価格、通信回線、作業形態にわたり具体的に紹介します。このシンポジウムは、みなさんそれぞれにどんな装備がフィットするのかを提案してみようというものです。自分の身体に合った服を選ぶのと同じで、優劣を問うものではありません。そして、その裏打ちとなるそれぞれの考え方を聞くことで、日本のアニメーションのデジタル化の将来展望をしてみます。

日時 2022年3月13日(日)11:00~13:50
※このプログラムは、2部制となっております。途中で10分間の休憩をはさみます。
会場 としま区民センター6F 601~602会議室
東京都豊島区東池袋1丁目20−10
登壇 本多 史典(株式会社プロダクション・プラスエイチ 代表取締役社長/アニメーションプロデューサー)
りょーちも(アニメーター/監督)
司会:竹内孝次(TAAFフェスティバルディレクター)
料金 無料

プログラム詳細

NEWS ARCHIVE

PAGETOP