東京アニメアワードフェスティバル2021

TAAFニュース

NEWS

TAAF2021オープニング作品は『カラミティ』日本語吹き替え版初公開!

 

TAAF2016 コンペティション部門・長編アニメーションで、グランプリを獲得した『ロング・ウェイ・ノース 地球のてっぺん』のレミ・シャイエ監督による最新作、『カラミティ』の日本語吹替版を初公開いたします! アヌシー国際アニメーション映画祭長編アニメーション部門クリスタル賞(グランプリ)を受賞するなど世界中から注目をめている同作を、TAAF2021のオープニング作品として上映します。
また、本編上映後には、レミ・シャイエ監督からのスペシャルメッセージと、日本語吹き替え版キャストの登壇も予定しております!!
本日、2月10日(水)正午より、チケットを販売いたします。

※例年、オープニングセレモニー後に実施していたオープニング作品上映ですが、今年は新型コロナウイルス感染症対策のため、各プログラム20時までの実施となっております。そのため、オープニングセレモニー後に上映を行えないため、ご家族でお越し頂ける3月14日(日)にオープニング作品の上映を行います。ご了承ください。

プログラム名 日時 会場 チケット料金(税込)
オープニング作品 『カラミティ』 3月14日(日)17:00~19:00 TOHOシネマズ 池袋 1,200円
※大人・学生以下共通

※当日券は200円増し
※当日券を含めオンライン販売のみ

プログラム詳細 チケット購入

NEWS ARCHIVE

PAGETOP