東京アニメアワードフェスティバル2022

プログラム

PROGRAM

TAAF2021上映作品

TAAF2021 オープニング作品「カラミティ」
TAAF2021 Opening Film "Calamity, a childhood of Martha Jane Cannary"

※TAAF2021 開催時の情報です。

フランス・デンマーク 2020年 1:25:00 言語:日本語
TAAF2021 オープニング作品

TAAF2016 コンペティション部門・長編アニメーションで、グランプリを獲得した『ロング・ウェイ・ノース 地球のてっぺん』のレミ・シャイエ監督による最新作、『カラミティ』の日本語吹替版をTAAF2021のオープニング作品として初公開します。
また、本編上映後には、レミ・シャイエ監督からのスペシャルメッセージと、日本語吹き替え版キャストの登壇も予定しております。

The Japanese dub of “Calamity, a childhood of Martha Jane Cannary”, the latest work by Rémi Chayé, who directed “Long Way North” which won the Grand Prize in Feature Animation competition at TAAF2016, will be shown for the first time as the Opening Film of TAAF2021.
After the screening, there will be a special message from Director Rémi Chayé, and the Japanese voice actors will make an appearance.

あらすじ

西部開拓史上、初の女性ガンマンと知られるマーサ・ジェーン・キャナリーの子供時代の物語。
マーサは家族とともに大規模なコンボイ(旅団)で西に向けて旅を続けているが、旅の途中、父親が負傷し、マーサが家長として、家族を守らなければならない立場になってしまう。普通の少女だったマーサは、乗馬も、馬車の運転も経験がない。そんなマーサは、少女であることの制約に苛立ち、家族の世話をする義務をよりよく果たすために少年の服を着ることを決心する。女性は女性らしくという時代にあって、マーサの生き方は、古い慣習を大事にする旅団の面々と軋轢を生む。そして・・・。

1863, in the midst of a convoy heading West on its way to a better life, Martha Jane’s father gets hurt. It is she who must drive the family wagon and take care of the horses. Learning is tough and yet Martha Jane has never felt so free. Accused of theft, Martha has to run away. Dressed as a boy, searching for the evidence of her innocence, she discovers a world in construction where her original personality will assert itself. An adventure full of dangers and rich in encounters that will, step by step, reveal the mythical Calamity Jane.

監督
レミ・シャイエ
Remi Chaye

戻る

TAAF2021 全作品一覧

PAGETOP
CLOSE
CLOSE