東京アニメアワードフェスティバル2020

プログラム

PROGRAM

YOUNG POWER 2019


TAAF2019 教育プログラム

若手クリエイターとして、次世代のアニメーション業界を担う、学生達の作品を紹介するプログラムです。
世界に羽ばたく日本の学生作品にご注目ください。

また、ゲスト監督と学生達が作品について語り合うトーク時間を設け、独創的な作品群の魅力と未来への可能性をお伝えします。

※写真はTAAF2018開催時の様子です。

This program showcases the works of students who will lead the next generation of the animation industry as young creators. Please take a look at the works of Japanese students who will venture into the world. Also, a guest director and the students will speak about their works to discuss the appeal of the creative works and future possibilities.

上映情報

3.11 [mon] 10:15-11:45

豊島区庁舎5階 会議室

無料

参加申込

登壇

京極義昭 Yoshiaki Kyogoku
アニメーション演出家 Director

プロダクション・アイジー所属のアニメーターとしてキャリアをスタートする。
『精霊の守り人』『戦国BASARA』『東のエデン』等多くの作品に原画・作画監督・絵コンテとして参加。
その後演出家に転向し、『黒子のバスケ』『東京喰種』『スタミュ-高校星歌劇-』などに関わる。
2018年『ゆるキャン△』で初監督。

Started his career as an animator attached to Production I.G. He participated in many productions such as “Seirei no Moribito,” “Sengoku Basara,” “Eden of the East,” and so on as key animator, animation director, and storyboard artist. After that, he switched to become an episode director was involved in “Kuroko’s Basketball,” “Tokyo Ghoul,” “Star-Myu: High School Star Musical,” and so on. In 2018, he made his debut as a director with the TV series “Laid-Back Camp.”

マーク・オフテダール Mark Oftedal
アニメーション監督 Animation Director

マーク・オフテダルは25年以上の経験を持つアニメーション監督である。携わった仕事はアニメーション映画(『トイ・ストーリー』『バグズ・ライフ』『トイ・ストーリー2』)やキャラクター設定(『モンスターズ・ユニバーシティ』『インサイド・ヘッド』『コウノトリ大作戦!』)など。Google Spotlight Storiesでは、アニメーションスーパーバイザーから監督までの幅広い役割でいくつかの作品を製作している。またオフティダールは、「Reflex」という新しい3Dアニメーションシステムを開発したソフトウェアサービスプロバイダーDigitalFish社の最高クリエイティブ責任者でもある。オンライン上や世界中のスタジオ、学校では、しばしばアニメーションワークショップの講師を務める彼の姿が見られる。

Mark Oftedal is an animation director with over 25 years of industry experience. His feature work includes animation (Toy Story, A Bugs Life, Toy Story 2) and character concepts (Monsters University, Inside Out, Storks). He has developed several Google Spotlight Stories in various roles from animation supervisor to director. Mark is also the Chief Creative Officer of DigitalFish, a software service provider making a new 3D animation system called “Reflex”. You can often find Mark teaching animation workshops online and at studios and schools around the world.

 

©ひまら屋(Studio himalaya)

アンクレットと蒼い海Memory of Blue

平井あかねAkane HIRAI
多摩美術大学
6分44秒 2018年

南の島で暮らす女の子はある日、大切なアンクレット(足飾り)を海に落としてしまいます。それを拾ってくれたのは、海から現れた不思議な少年でした。
大海原の厳しくも美しい姿と、そこで生まれた小さな友情を女の子のアンクレットを通して描く、懐かしくて暖かい物語です。
One day, a girl who lives in a southern island dropped her precious anklet in
the sea.
A boy picked it up is having magical power.
It is a warm and nostalgic story of a friendship between them depicted through
an anklet in the beautiful and harsh ocean.

©Li Tianying

足跡footsteps

黎 天影Li Tianying
東京工芸大学
3分01秒 2019年

中国の60年代から80年代までの生活風景を文献資料や両親の実体験により、一人の男子の成長に凝縮した。
社会不安定の中、国の呼びかけに応え、田舎で「再教育」を受けるため少年は家から遠く離れた。
数年後、田舎から戻ってきた少年は大学入試のチャンスに恵まれず工場労働者になったが、70年代末の国営企業の不況により失業し、様々形で生計を立てることに。
老境を迎えた少年がその半生を回想する形で作られた作品である。
Scenes of life in China from the 1960s to the 1980s were condensed into the growth of one boy through documentary records and his parents’ actual experiences.
Amid social instability, the boy responded to the call of his country and moved far from home to receive “”re-education”” in the countryside.
Back from the countryside several years later, the boy lacked the opportunity to take university entrance examinations. He became a factory worker but lost his job amid the depression of state enterprises in the late 1970s, and made a living through various means.
This is a work created in the form of a boy who looks back on the first half of his life as he reaches middle age.

©2019 Mizuki KIYAMA & Tokyo University of the Arts

くじらの湯Bath House of Whales

キヤマミズキMizuki KIYAMA
東京藝術大学
6分40秒 2019年

日本のとある街で、1日の終わりに近所の銭湯へ通う母。娘がついて行くと、不思議な行動をとる一部の女たちと、それに溶け込む、よく知らない母の姿を目の当たりにする。
In this small town somewhere in Japan, the mothers in the neighborhood
end their day at the public bath. When a little girl goes along with
her mother, she is awed by the sight of a group of bathing women who
behave very differently from the others. Within that group is her
mother and she blends in perfectly.

©2019 Aki Edure

to bee continuedto bee continued

江連 秋Aki Edure
東京造形大学
5分26秒 2019年

少女はビニールに覆われた船で、ハチと住む人々から少し離れて暮らしていた。ある日、他人の船が起こした大波に揺られる船、急な雨に打たれる人々、あらゆる刺激がきっかけでハチ達が大騒ぎを起こす。ハチに刺されてしまうものもいれば、上手く付き合っている人もいた。そんな人々の様子に、少女の気持ちは変化していくのだった。
The little girl lived on a boat wrapped in vinyl, located a bit far away from the people who lived with the bees. One day, all sorts of stressful incidents began to take place – someone else’s boat caused billowing waves which shook the boats, and a sudden rainstorm pelted the people – which stirred the bees into a massive frenzy. Some people were stung by the bees, while others managed to co-exist peacefully with them. Seeing how the people reacted, the little girl’s feelings began to change.

©Chizuru Sasaki Naomi Shida

井の中の蛙 3.11The frog in the well knows nothing of the great ocean. 3.11

佐々木 智鶴 志田 菜穂美Chizuru Sasaki Naomi Shida
武蔵野美術大学
3分11秒 2019年

主人公である蛙は、田んぼの中で平穏な日々を過ごしていた。
いつも通りの何もない1日が過ぎていくと思っていたある日、大きな揺れが蛙の世界を襲う。
突然勢いよく流れてきた水に飲まれ、仲間たちが流されていく。蛙は必死に葉っぱに捕まり、気づけば朝になっていた。目の前にあったのは、見たこともない大きな海の生き物。仲間たちともはぐれ、蛙は少しずつ世の中の様子が変わってしまったことに気づいていく。
A frog, the main character of this story, was living a quiet life in a rice field.
When he thought he would have a usual day, he suddenly experienced a big shake.
His fellows got swallowed up and washed away by rushing waves one after another.
The frog held on to a leaf so desperately that he didn’t realize it was already next morning. And what he saw there were big sea animals he had never seen. The frogs, lonely without his friends, thought his world had changed.

戻る

プログラム スケジュール

PAGETOP