東京アニメアワードフェスティバル2020

プログラム

PROGRAM

TAAF2019上映作品

高畑勲追悼企画④ —高畑勲が向かおうとしたところ—
「かぐや姫の物語」
Memorial Screening of Isao Takahata 4 - What Isao Takahata was aiming for - The Tale of The Princess Kaguya

※TAAF2019 開催時の情報です。

2013年 137分
高畑勲追悼企画

登壇

西村義明 Yoshiaki Nishimura
プロデューサー producer

東京都生まれ。米国留学後、スタジオジブリに入社。ジブリ作品、三鷹の森ジブリ美術館ライブラリー作品の宣伝、宣伝プロデューサーを務めた後、初の長編プロデュース作品『かぐや姫の物語』(13年)と『思い出のマーニー』(14年)が米国アカデミー賞長編アニメーション映画部門にノミネート。2015年、スタジオポノック設立。代表取締役プロデューサーを務める。『メアリと魔女の花』(17年)、ポノック短編劇場『ちいさな英雄―カニとタマゴと透明人間―』(18年)をプロデュース。

Founder, Studio Ponoc. Producer, Studio Ponoc: Mary and The Witch’s Flower(2017) and Ponoc Short Films Theatre, Volume 1 – Modest Heroes (2018); Studio Ghibli: The Tale of The Princess Kaguya (2013) and When Marnie Was There (2014) (each nominated as Best Animated Feature at the Academy Awards). Advertising Producer, Studio Ghibli for the Ghibli Museum Library film collection. Born in Tokyo, studied aboard in California.

イラン・グェン Ilan NGUYEN
東京藝術大学 特任准教授

フランス語翻訳・通訳、アニメーション史研究。
1975年フランス生まれ。パリで日本学を専攻に学び、
1997年、初来日の際に高畑勲監督と親交を結び、師事する。
現在、東京藝術大学特任准教授。

French-Japanese translator, animation scholar.
Born in 1965. A lecturer at the General education departments of Asia University and Taisho University, and animation departments of Technos College.
Primarily engaged in research of long and short form animation from both Japan and abroad. Has written analytic news articles and commentary for Asahi Shimbun’s News website“Webronza” and other publications. Published works include “The People who built up of Japanese Animation” (Wakakusa Books), “The complete of Hayao Miyazaki Films” (Film Art, Inc.), “That Light and Darkness of Disney’s Frozen”(Nanatsumori Books). Editing and Writing series “Explore with manga! The Secret of Animation” (Otsuki Books) , etc.

アニメーション制作スタジオジブリ
スタッフ原案・脚本・監督:高畑勲
プロデューサー:西村義明
人物造形・作画設計:田辺修
美術:男鹿和雄
音楽:久石譲

戻る

TAAF2019 全作品一覧

プログラム

PAGETOP
CLOSE
CLOSE