東京アニメアワードフェスティバル2019

プログラム

PROGRAM

高畑勲追悼企画① —『高畑勲のリアル』を考える—
「アルプスの少女ハイジ」「母をたずねて三千里」「赤毛のアン」
Memorial Screening of Isao Takahata 1 - Considering Isao Takahata's "reality" - HEIDI A GIRL OF THE ALPS / From the Apennines to the Andes / Anne of Green Gables


高畑勲追悼企画

日本のアニメーションの礎を築いたアニメーション映画監督・高畑勲は、昨年惜しくも82年の生涯を閉じました。
TAAF2019では、高畑監督の残した多くの作品の中から選りすぐりの作品を上映すると共に、足跡を偲ぶトークショーなどを行います。

ー『高畑勲のリアル』を考えるー
高畑勲が監督をした未だ色褪せず多くのファンに愛される3作品「アルプスの少女ハイジ」「母をたずねて三千里」「赤毛のアン」を選び、それぞれから高畑監督の追求した『リアル』とは何かを感じられる各1話を上映します。
上映後には、当時の制作に携わった方々にお集まり頂き、当時の様子や秘話を交え高畑監督が日本のアニメーションに持ち込んだ『リアル』について語って頂きます。

We have selected three of Isao Takahata’s most beloved and enduringly charming series, “HEIDI A GIRL OF THE ALPS”, “FROM THE APENNINES TO ANDES”, and “Anne of Green Gables”. We will screen one episode from each that demonstrates the sense of “reality” that Takahata pursued in his works. After the screening, people who participated in the production of these works will gather to share behind-the-scenes anecdotes and discuss the “reality” that Takahata brought to Japanese animation — reality of the heart, reality of film and so on.

上映情報

3.9 [sat] 11:00-13:00

池袋シネマ・ロサ

¥1,200

※当日券は200円増し

チケット購入

アルプスの少女ハイジ 26分 1974年
母をたずねて三千里 23分 1976年
赤毛のアン 23分 1979年

登壇

小田部 羊一 KOTABE Yoichi
アニメーター/作画監督/キャラクター・デザイナー
Animator / Supervising Animator / Character Designer

1936年台湾台北市生まれ。東京藝術大学美術学部日本画科卒業後、1959年に東映動画株式会社へ入社。長編『わんぱく王子の大蛇退治』(1963)、『太陽の王子ホルスの大冒険』(1968)、『長靴をはいた猫』(1969)などでアニメーション原画を担当。『空飛ぶゆうれい船』(1969)では初の作画監督を務める。1971年高畑勲、宮崎駿とともに東映動画を辞し他社で『パンダコパンダ』(1972)や『赤胴鈴之助』(1972)の作画監督として活躍した後、『アルプスの少女ハイジ』(1974)、『母をたずねて三千里』(1976)ではキャラクターデザインとしても明記される重責を果たした。1979年には再び東映動画で長編『龍の子太郎』のキャラクターデザイン・作画監督を担当した。宮崎駿監督の『風の谷のナウシカ』(1984)、高畑勲作品『火垂るの墓』(1988)では短いながら重要なシーンの原画を提供するなど、つねにアニメーション史に残る名作にその名を刻んできた。1985年には開発アドバイザーとして任天堂株式会社に入社。『スーパーマリオブラザーズ』『ポケットモンスター』シリーズなどのデザインを監修する。2003年には連句アニメーション『冬の日』の制作にも参加。現在、日本アニメーション文化財団理事ほか、多数の役職を務めながら講演や後身の指導、展覧会などで活躍している。著書に『小田部羊一アニメーション画集』(アニドウ・フィルム、2008)。

Born in 1936 in Taiwan. After graduating from the Department of Japanese Painting, Faculty of Fine Arts, Tokyo University of the Arts, he joined Toei Animation Studio in 1959. He served as an animator for the feature films Little Prince and The Eight Headed Dragon (1963), Little Norse Prince Valiant (1969) and Puss’n Boots (1969). He made his debut as animation director on The Flying Phantom Ship (1969). In 1971, he left Toei Animation Studio and served as animation director in Panda! go panda! (1972) and Red-Armored Suzunosuke (1972). Later he played an important role in the character design for HEIDI A GIRL OF THE ALPS (1974) and From the Apennines To the Andes (1976). In 1979, he served as a character designerand animation director for Taro the Dragon Boy (1979) in which he worked with Toei Animation Studio again. He has constantly contributed to the creation of masterpieces in the history animated films. His achievements include Nausicaä of the Valley of the Wind (1984), directed by MIYAZAKI Hayao and The Grave of the Fireflies (1988) by TAKAHATA Isao, in which he provided key frame drawings for short but important scenes. In 1985, he joined Nintendo Co., Ltd. as a development adviser and supervised the design of series titles such as Super Mario Bros. and Pokémon. In 2003, he worked on Winter Days, an animated film based on renku. Currently, while serving in various positions, such as board member of the Japan Cultural Foundation for Animation, he is active in lectures, education for young people and exhibitions. His written works include people and exhibitions. His written works include Yoichi Kotabe Legendary Animator-His Animated Drawings [ANIDO FILM, 2008].

杉山佳寿子 Kazuko Sugiyama
声優 Voice Actress
なみき たかし Takashi Namiki
プロデューサー、アニメーション史家
Producer, Animation Historian

1952年埼玉県浦和市生まれ。青年時代にプロアニメーターの団体「アニドウ」に参加し、アニメーションの世界へ進路を定める。 1972年には東映動画スタジオで「ながぐつ三銃士」の撮影助手を経験。1973年から作画会社オープロダクションに入社し、「風の谷のナウシカ」の作画監督である小松原一男と「アタックNo.1」の作画監督である村田耕一に師事し「アルプスの少女ハイジ」「母をたずねて三千里」「ゲッターロボ」等のアニメーターとして働く。1983年「セロ弾きのゴーシュ」の配給担当を最後にオープロダクションを退社。アニメーターの傍ら上映・出版活動を進め、日本で最初のアニメーション専門誌「ファントーシュ」創刊、会誌「FILM1/24」、別冊「未来少年コナン」などを刊行する。 1984年、出版社アニドウ・フィルムを設立し、「世界アニメーション映画史」(1986)「もりやすじ画集」(1993)「小田部羊一アニメーション画集」(2008)などを編集・出版、専門出版社として定評を得る。アヌシー国際アニメーション・フェスティバル(1999)、ケチュケメート国際アニメーション・フェスティバル(2002)、モンストラ(リスボン)国際アニメーション・フェスティバル(2013)など各国で国際審査員を務める。
2004年には東京都現代美術館企画展「日本漫画映画の全貌」を構成および資料提供。
2006年からは急逝した村田耕一の跡を継いでオープロダクションの代表取締役を兼任。フィルムや資料のコレクションを続け、アニメーション・ミュージアムの建設を夢みて、財団法人日本アニメーション文化財団を設立した。

Born in Urawa, Saitama, Japan in 1952. Since 1969, he has been a member of ANIDO, which was instituted by professional animators who work at Toei Animation Studio etc. in 1967. And he has studied films of the world through ANIDO’s monthly film show.
In 1973, he joined Oh! Production as an animator. He took a part in the production of “HEIDI A GIRL OF THE ALPS,” “Grandizer(Goldorak)”, etc., and he was chosen as chairman of ANIDO.
He has published magazine named FILM 1/24, and books on animated film, Which include; “Hayao Miyazaki’s Conan, the Boy in Future”(1979), “The Animation Films of the World”(1986), “Yasuji Mori: Master Animator-His Animated Drawings”(1993) etc.
In Japan and overseas countries, he has organized many film events and exhibitions. He has been invited several times to foreign film festivals and served as a member of the jury at the Annecy International Animated Film Festival(1999/France), Kecskemét Animation Festival(2002/Hungary) and Monstra Lisbon Animated Film Festival(2018/Portugal).
Because Koichi Murata died suddenly, he became president of Oh! Production since 2006. He dreams of building an animation museum in the future and continues his collection of films and materials.

戻る

プログラム スケジュール

PAGETOP