東京アニメアワードフェスティバル2021

プログラム

PROGRAM

TAAF2019上映作品

アナザー デイ オブ ライフ
ANOTHER DAY OF LIFE

※TAAF2019 開催時の情報です。

ポーランド・スペイン・ベルギー・ドイツ・ハンガリー 2018年 1:26:00 言語:英語 字幕:日本語
TAAF2019 長編コンペティション

監督
ラウル・デ・ラ・フエンテ&ダミアン・ネノウ
Raul de la Fuente & Damian Nenow

ラウル・デ・ラ・フエンテ監督は短編映画『Minerita』で有名である。同作品は2014年ゴヤ賞で最優秀賞を受賞、2015年の第88回アカデミー賞ではアカデミー短編ドキュメンタリー映画賞の最終選考に残った。
『Minerita』は140以上の映画祭で上映され、45の国際賞を受賞している。
ダミアン・ネノウ監督は2005年にPlatige Imageに加わった。ウッチのウッチ映画大学を卒業し、『The Aim』(2005年)、『The Great Escape』(2006年)、『Paths of Hate』(2010年) の3作の短編アニメを監督している。このうち『Paths of Hate』は90以上の映画祭で上映され、ついには25の賞や表彰を獲得している。さらに2011年には、同監督は『City of Ruins』を含む作品の監督を務めている。

Raúl de la Fuente is know for his short film “Minerita”, winner of the 2014 Goya Award, which was shortlisted for the 88th
Oscars Academy Awards as Best Short Documentary Subject in 2015. “Minerita” has been screened in more than 140 film
festivals and has won 45 international prizes.
Damian Nenow joined Platige Image in 2005. He graduated of the National Film School in Łódz and directed three short
animations: The Aim (2005), The Great Escape (2006), and Paths of Hate (2010). The latter was screened at over 90 film
festivals and ended up garnering 25 awards and honors. In 2011, he also directed City of Ruins, among others.

戻る

TAAF2019 全作品一覧

プログラム

PAGETOP
CLOSE
CLOSE