東京アニメアワードフェスティバル2019

TAAFニュース

NEWS

東京アニメアワードフェスティバル2019 メインビジュアル発表!メインビジュアルを手掛けたのはアニメーターの須田正己氏!!

 

東京アニメアワードフェスティバル2019のメインビジュアルが完成しました。
TAAF2019のメインビジュアルは『科学忍者隊ガッチャマン』や『北斗の拳』などで知られ、前回TAAF2018でアニメ功労部門を受賞された、須田正己氏にデザインして頂きました。

本映画祭を表す躍動感溢れたデザインを、TAAF2019の公式HPや告知ポスターなどに使用していきます。

 

須田正己
(アニメーター/ キャラクターデザイナー/イラストレーター)

1943年9月16日生まれ。
子供のころから絵を描くことが好きだった。日本ジャズ学校に通って3年目、知人から「絵を描く仕事がある」という話を聞いてタツノコプロに入社するが、絵を描く機会を与えられず4か月で退社。
Aプロダクションで研修を受け、タマ・プロダクション(関わった作品『マッハGoGoGo』)を経てフリーとなる。その後、タツノコプロダクションで『紅三四郎』というリアルキャラ作品のオーディションを受けタツノコプロ吉田竜夫社長に見いだされリアルキャラ作品や可愛い作品に参加。その影響は強く吉田社長を永遠の師匠として尊敬している。以降、東映アニメーションに移り『北斗の拳』や『魁!!男塾』、『妖怪ウオッチ』などヒット作品のキャラクターデザインなどに関わる。

NEWS ARCHIVE

PAGETOP