東京アニメアワードフェスティバル2025

TAAFニュース

NEWS

TAAF2023アニメ オブ ザ イヤー部門作品賞は『ONE PIECE FILM RED』と『SPY×FAMILY』に決定!

©尾田栄一郎/2022「ワンピース」製作委員会
©遠藤達哉/集英社・SPY×FAMILY製作委員会

 

TAAF2023の「アニメ オブ ザ イヤー部門」は、2022年度(2021年10月1日~2022年9月30日)の全上映・放送作品412作品から最も優れた作品・個人に、「作品賞」「個人賞」「アニメファン賞」を授与するものです。

アニメファンの投票で、ベスト100作品(劇場映画部門20作品・TVシリーズ部門80作品)を選出し、「みんなが選ぶベスト100」を決定。
その100作品の中より、アニメ業界の第一線で活躍しているプロデューサー、クリエイター、その他メディアやアニメグッズを扱う店舗など、幅広いアニメ業界のプロフェッショナルによる投票により「作品賞」「個人賞」を選出しました。
また、一般ユーザーによるTwitterを通してのファン投票により、「アニメファン賞」を選出しました。

各賞の詳細につきましては、こちらをご覧ください。

選考結果は以下の通りです。

作品賞

劇場映画部門 ONE PIECE FILM RED
TVシリーズ部門 SPY×FAMILY

個人賞

原作・脚本部門
吉田 玲子
広島県出身。最近の作品に『若おかみは小学生!』『夜明け告げるルーのうた』『リズと青い鳥』など。
監督・演出部門
谷口 悟朗
愛知県出身。アニメ監督・プロデューサー。J.C.STAFF、サンライズで制作を経たのち演出になり、1998年に『ONE PIECE 倒せ!海賊ギャンザック』で監督デビュー。『無限のリヴァイアス』『プラネテス』『ジャングル大帝』『純潔のマリア』『コードギアス』シリーズなど、オリジナルや原作ものを問わず監督作多数。『FILM RED』で24年ぶりに『ONE PIECE』に復帰する。
アニメーター部門
亀田 祥倫
広島県出身。WITスタジオ所属。『モブサイコ100』シリーズ(2016年~2022年)・『映画ドラえもんのび太の宝島』(2018年)キャラクターデザイン、総作画監督。『犬王』(2022年)総作画監督。『シン・エヴァンゲリオン劇場版』(2021年)メカ作画監督補佐を務める。
美術・色彩・映像部門
衛藤 功二
ufotable所属。『劇場版 空の境界』『Fate/Zero』『Fate/stay night [Unlimited Blade Works]』『Fate/stay night [Heaven’s Feel]』『鬼滅の刃』にて美術監督を務める。
音響・パフォーマンス部門
Ado
20歳の歌い手。2020年に「うっせぇわ」でメジャーデビューを果たし社会現象を巻き起こし、アルバム『狂言』、『ウタの歌 ONE PIECE FILM RED』もランキングを席巻しロングヒット中。Billboard JAPAN Artist 100 アーティストランキング年間1位を獲得。2023年6月からは自身最大規模となる初の全国ホール&アリーナツアー「マーズ」の開催も決定している。
(敬称略)

アニメファン賞

©2022 Animonsta Studios Sdn. Bhd. All rights reserved.

 

アニメファン賞 メカアマト

NEWS ARCHIVE

PAGETOP