東京アニメアワードフェスティバル2021

TAAFニュース

NEWS

TAAF2021アニメ オブ ザ イヤー部門作品賞は『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』と『映像研には手を出すな!』に決定!

©暁佳奈・京都アニメーション/ヴァイオレット・エヴァーガーデン製作委員会
© 2020 大童澄瞳・小学館/「映像研」製作委員会

 

TAAF2021の「アニメ オブ ザ イヤー部門」は、2020年度(2019年10月1日~2020年9月30日)の全上映・放送作品457作品から最も優れた作品・個人に、「作品賞」「個人賞」「アニメファン賞」を授与するものです。

アニメファンの投票で、ベスト100作品(劇場映画部門20作品・テレビ部門80作品)を選出し、「みんなが選ぶベスト100」を決定。
その100作品の中より、アニメ業界の第一線で活躍しているプロデューサー、クリエイター、その他メディアやアニメグッズを扱う店舗など、幅広いアニメ業界のプロフェッショナルによる投票により『作品賞』『個人賞』を選出しました。
また、一般ユーザーによるTwitterを通してのファン投票により、『アニメファン賞』を選出しました。

各賞の詳細につきましては、こちらをご覧ください。

選考結果は以下の通りです。

作品賞

劇場映画部門 劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン
テレビ部門 映像研には手を出すな!

個人賞

原作・脚本部門 吉田玲子
(『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』
『夜明け告げるルーのうた』)
監督・演出部門 外崎春雄
(代表作『テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス』『鬼滅の刃』)
アニメーター部門 松島晃
(代表作『テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス』『鬼滅の刃』)
美術・色彩・映像部門 渡邊美希子
(代表作『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』『境界の彼方』)
音響・パフォーマンス部門 梶浦由記
(『Fate/stay night 【Heaven’s Feel】』
『ソードアート・オンライン -アリシゼーション-War of Underworld』)
(敬称略)

アニメファン賞


©BNOI/アイナナ製作委員会

 

アニメファン賞 アイドリッシュセブン Second BEAT!

NEWS ARCHIVE

PAGETOP