東京アニメアワードフェスティバル2018

kids_bt1
kids_bt2b

東京アニメアワードフェステイバル2018では、創造の次世代を担う子どもたちに向けた、アニメーションを作るワークショップを開催します!
ものを創るためには、「よく観る」ことが最も大切になります。このワークショップでは、アニメーションに必要な要素を整理し、「かたち」と「動き」を観察から創りだすことを行います。
子どもたちにアニメーション作りの楽しさを体験して貰いながら、「よく観る」ことを促し、自分で答えを見つけ出す楽しさを感じて貰います。また、ワークショップで制作された作品は、東京アニメアワードフェステイバル2018内で披露、上映されます。
※小学3〜6年生が対象です。

kids_ws_flow1
kids_ws_flow1
kids_ws_flow1
プログラム詳細 / 参加申込 前回の様子

東京アニメアワードフェスティバル2018では、文化庁若手アニメーター等人材育成事業によって制作された作品をメインに、お子様に見せたい日本国内外のアニメーション映画を上映します。
また、イスラエルで人気のクレイアニメーション監督、ロニー・オーレンさんのクレイ人形を作るワークショップも行います!
会場となる「区民ひろば南池袋」は靴を脱いで映画鑑賞ができ、おしゃべりをしても良い会場なので、親子でリラックスしてアニメーションをご鑑賞頂けます。

日程 2018年3月10日(土)・11日(日)
会場 区民ひろば南池袋 東京都豊島区南池袋3-5-12
参加 ロニー・オーレン ワークショップ:500円(材料費として)
その他プログラム:無料
参加にあたって ・靴を脱いでお上がりいただく会場です。感染症予防のため、靴下をご着用ください。
・上映中は飲食禁止です。
・受付の都合上、複数人でお申込の場合は、みなさまおそろいになってからご入場ください。
申込 ロニー・オーレン ワークショップ
こちらからお申し込みください。

その他プログラム
当日自由にお越しいただけますが、こちらからお申し込みいただくと席を予約できます。
お申込多数の場合は抽選になります。
応募締切:3/1(木)

 

区民ひろば南池袋


都電荒川線「都電雑司ヶ谷駅」より徒歩7分
東京メトロ副都心線「雑司が谷駅」より徒歩7分
東京メトロ有楽町線「東池袋駅」より徒歩10分
「池袋駅」より徒歩15分

タイムテーブル

3.10[sat] 3.11[sun]
 

3.10[sat]
10:00

10:50

カラフル忍者いろまき

小学3年生の姫乃が田舎の大きな屋敷に引っ越してきた。しかし、そこはなんと忍者屋敷だった!炎を操る赤巻、水回り担当の青巻、日曜大工担当の黄色巻。忍者たちは、姫乃を姫と勘違いして、それぞれの得意ワザでこじんまりと問題を解決していく。しかし、忍者の力はそれだけではなかった。青巻と黄色巻の分身が合体して混ざると緑巻が、同様に赤巻と青巻で紫巻が、赤巻と黄色巻で橙巻が誕生するのだ!そんな色とりどりの忍者たちとの不思議な生活が始まる一方で、屋敷に近づくのは巨大な竜巻。姫乃一家はどうなるのか!?カラフル忍者は姫乃を守ることができるのか!?

ninja

パロルの未来島

遠い海の向こうに浮かぶ小さな島。そこには未だ人間に知られていない不思議な動物達が暮らしていた。その島の子供、パロル・ズーズ・リコットは、ある日人間の世界の写真を拾い、その美しさに魅了され、掟を破って島を飛び出してしまう。初めて見る人間の世界に驚き、興奮するパロル達。ただ、そこには思わぬ落とし穴が待ち受けているのだが……。果たして彼らは無事に旅の目的を達成する事が出来るのか?

paroru

11:00

11:45

ロニー・オーレン ワークショップ①

イスラエルで人気のクレイアニメーション監督と楽しく人形を作ろう!
「クレイアニメーション」とは、粘土でできた人形を使って作るアニメーションです。
このワークショップでは、イスラエルの有名監督ロニー・オーレンさんと一緒に、かわいいクレイ人形を楽しく作れます。※通訳あり

対象:7歳以上
※こども向けのプログラムです。中学生以上の方の参加はご遠慮ください。

参加費:¥500
※材料費として頂戴します。

参加申し込みはこちら

rony-oren-w-border
12:10

12:45

サヨナラ、みどりが池 ~飛べ!凧グライダー~

杉並区の“みどりが池”で暮らすカエルのケロ吉くんは、ある日マンション建設のため池が埋め立てられることを知り、木の葉のグライダーで新しい住処を探す旅に出る。

14:35

16:10

スペイン特集 キャプチャー・ザ・フラッグ

ある日、実業家カーソンはNASAの月面着陸はでっちあげだと主張し、自分が月に降り立ってみせると宣言。カーソンの本当の目的はアポロ11号の宇宙飛行士が月面に立てた旗を奪い、月に眠る強大なエネルギーの独占だった。計画を阻止しようと立ち上がるマイクと仲間たち。彼らの壮大な冒険が始まる。

3.10[sat] 3.11[sun]
3.11[sun]
10:00

10:50

しらんぷり

「ボク」は小学6年生。「ヤラガセ」たち4人組がドンチャンに、いじめを行っているのを知ってはいるが、自分がいじめられるのが怖くて、ついつい「しらんぷり」をしてしまう。マリモ先生たち大人は、いじめを見過ごすのは、いじめをするのと同じくらいいけないことだと言う。だけど「ヤラガセ」たちの行動はエスカレートする。やがて学校では「劇の会」の日が近づいてきた。そこでドンチャンは、思わぬ行動に出るのだが……。

shiranpu

ちゃらんぽ島(ランド)の冒険

誰も行ったことのない南の海の果てに、『ちゃらんぽランド』という島があった。島の真ん中には、毎日たくさんの卵を産む巨大なバオバブの樹が生えている。卵の中身は、何と食べ物や衣類などの生活必需品。おかげで島の住民は卵を頼りに生活するようになり、いつしかちゃらんぽらんな日常を送るようになっていた。しかし、最近は中身が空っぽの卵が増えてきて、みんな不安に駆られてきているようだ。そんなある日の夜、虹をまき散らすような光と轟音とともに、バオバブの樹から不思議な模様をした卵が産み落とされた。翌朝、村長の「ぽんちょ」はなぜかその卵を見つけなければならないと、住民たちに訴える。やがてトラの「コメトラ」をはじめとする子どもたちが、卵を森で発見するのだが……。

11:00

11:45

がんばれ!ルルロロ

大ベストセラー絵本「くまのがっこう」シリーズから生まれたテレビシリーズ・アニメ。
主人公は、くまのふたごの女の子。オレンジ色がルルで黄色がロロ。
「ぴっ、けーれー!」ルルとロロがきょうのおしごとにチャレンジ!
大人にはちっぽけな出来事も、子どもたちには大ミッション。
ルルロロのドキドキとワクワクがいっぱいのおはなしです。

ぽすくま

ゆうびんやさんの元気なぽすくま。あんなおてがみ、こんなおてがみ、今日も元気に届けます。

12:05

12:50

風の又三郎

父の仕事の都合で一時的に都会から山の学校に転校してきた女の子。
クラスの子供たちから”風の子”と勘違いされ、ちょっと遠巻きな扱いを受けます。少女に興味を抱く男の子は仲良くなりたいのですが気になりながらもなかなか近づけません。女の子は田舎暮らしはあまり気に入らず、早く帰りたいと思っていますが偶然に本物の風神様に出会ってしまったことで周りとの微妙な距離感を取りつつも和に加わっていきます。子供たちの持つ畏怖と柔軟さ、恋愛以前、といった風景を童話を通して短く、儚く描ければと思います。

kaze

げんばのじょう‐玄蕃之丞‐

信州は塩尻、桔梗ヶ原と呼ばれる土地に、はなという家族思いで優しい女の子が暮らしていた。ある日、はなの村に旅芸人一座がやってくる。”夏川玄左衛門一座”を名乗り、世にも奇妙な芸で村人の大喝さいを受けた彼らだが、祝儀の中に”大好物”を見つけうっかりキツネの姿になってしまう。彼らの正体はなんと、辺り一帯のキツネを束ねる化け狐、玄蕃之丞(げんばのじょう)とその仲間たちだったのだ。偶然その場に居合わせたはなに正体がばれ、焦った玄蕃之丞は「正体を秘密にしてもらえるなら、代わりにひとつ願いを叶えてやる」と提案するのだが……

13:30

14:15

ロニー・オーレン ワークショップ②

イスラエルで人気のクレイアニメーション監督と楽しく人形を作ろう!
「クレイアニメーション」とは、粘土でできた人形を使って作るアニメーションです。
このワークショップでは、イスラエルの有名監督ロニー・オーレンさんと一緒に、かわいいクレイ人形を楽しく作れます。※通訳あり

対象:7歳以上
※こども向けのプログラムです。中学生以上の方の参加はご遠慮ください。

参加費:¥500
※材料費として頂戴します。

参加申し込みはこちら

rony-oren-w-border
14:35

15:25

RedAsh -GEARWORLD-

遺伝子にナノマシンが組み込まれ、特殊能力を擁する“ナノ種”(ナノレース)が、普通の人間“ピュア種”(ピュアレース)に管理、差別されている未来社会。その中で、赤い灰に変わる“レッドアッシュ”の能力を持つ、伝説のハンターでもあるナノ種の少年ベックは、ピュア種になる手術費用を稼ぐため、メカニックの気弱な大男タイガーとともに、パラレルマシンで旧世界へ跳ぶ危険な仕事に従事していた。そんなある日、謎の二人組サファリ&ストライプに追われる少女コールがベックらの前に突然押しかけてきて、一緒に歯車世界へ跳ぶ羽目に。しかし二人組とそのリーダー、ディナイは執拗にコールを追い求め、ついにベックたちに攻撃を仕掛けてきた……!

かっちけねぇ!

愛子の暮らす寺には半分しか絵が描かれてない不思議な襖があった。
本当は天女が描かれるはずだったというその襖。「そんな絵を描けるようになりたい!」な~んて、幼い頃は思っていけど、17歳になった愛子は将来の夢も展望もない。そんな愛子の前に突然、謎の男が現れた。「かっちけねえ!」なんて江戸言葉を話し、着物姿で褌をはいた変態男。住職である祖父の一存で、寺で寝泊まりすることになり、「冗談じゃない!」と怒っていた愛子だったが、ぶっきら棒な彼の優しさに気づき、次第に惹かれていく。やがて、明らかになる彼の正体は――。

kacchike

15:45

16:35

わすれなぐも

かつて上代に手練れの陰陽師が大蜘蛛を封印したと言われる一冊の本。それを入手した古書店の硯とビルのオーナーの孫娘・瑞紀の前に、身の丈20センチほどの小さな娘蜘蛛が現れた。寂しげに母を求める娘蜘蛛のいたいけな姿に、硯は自分の師匠からヒントをもらって、あるべき場所へ物の怪を返そうと試みる。だが行動をともにする瑞紀からは、硯はすでに娘蜘蛛に取りつかれたようにしか見えなかった……。

ずんだホライずん

「ずんだアロー」で矢を放ち、どんな餅でもおいしいずんだ餅にすることができる東北ずん子は、 東北きりたん、東北イタコ、中国うさぎ、四国めたん、九州そららとともに、 ずんだ餅を食べながら幸せに浸っていた。 一方、大江戸ちゃんこ総帥率いる「納豆ファクトリー」の面々、中部つるぎ、関西しのび、 沖縄あわも、北海道めろんらは、ずんだの原料の枝豆と納豆の原料の大豆が、 収穫時期が違うだけで、実は同じ豆であることから、納豆に使う大豆の量が減ることを恐れていた。 ずん子の家に刺客として送られる沖縄あわもと北海道めろん、 そして第3の勢力とは!?

PAGETOP