東京アニメアワードフェスティバル2019

プログラム

PROGRAM

TAAF2018オープニング作品「パジャマを着た男の記憶」
MEMORIES OF A MAN IN PIJAMA

※TAAF2018 開催時の情報です。

スペイン 2017年 1:18:00
TAAF2018 オープニング作品

登壇

パコ・ロカ(原作者・脚本)

監督
カルロス・フェルナンデス(脚本・監督)
パコ・ロカ(原作者・脚本)

Carlos Fernández

パコ・ロカ(原作者・脚本)
スペインのイラストレーター、コミック作家、作者。老いを映画いた『皺』は日本でも話題を呼び、2012年文化庁メディア芸術祭マンガ部門において優秀賞を受賞した。同作品は2011年アニメ化され、世界65か国で上映されスペインのアカデミー賞、ゴヤ賞最優秀アニメーション作品賞他受賞。日本ではスタジオジブリにより配給される。パコ・ロカ原作「パジャマを着た男の記憶」は、毎週日曜日バレンシア及び全国誌エル・パイスに掲載されたコミックのアニメーション化。

カルロス・フェルナンデス(脚本・監督)
2D / 3Dアニメーション、リアル画像、ビデオゲームで20年以上の経験を持つディレクター、脚本家。

Paco Roca
Spanish Illustrator and author of comics. His graphic novel "Wrinkles" are highly regarded internationally and won the excellence award organized by Japan Media Arts Festival in 2011. Later he adapted this novel to the cinema, in which he also collaborated as a screenwriter. The film was sold in 65 countries and won two Goya awards: the best animated film and the best adapted screenplay. "Memories of a man in pajamas" is the film adaptation of his graphic novel, comic strips published every Sunday in the newspaper LAS PROVINCIAS of Valencia, and later in the national newspaper EL PAIS.

Carlos Fernández
He is a director and screenwriter with more than 20 years of experience in 2D / 3D animation, real image and videogames.

アニメーション制作LADYBUG FILMS, SL / DREAM TEAM CONCEPT, SL / HAMPA STUDIO, SL.

戻る

プログラム スケジュール

PAGETOP