東京アニメアワードフェスティバル2018

TAAFニュース

NEWS

東京アニメアワードフェスティバル2018 メインビジュアル発表!メインビジュアルを手掛けたのはアニメーターの平松禎史氏!!

 

次回TAAF2018のメインビジュアルは、『彼氏彼女の事情』、『アベノ橋魔法☆商店街』、『寄生獣 セイの格率』、『ユーリ!!! on ICE』などの人気アニメのキャラクターデザイナーとして知られ、前回TAAF2017の「アニメ オブ ザ イヤー部門」にて、個人賞・アニメーター賞を受賞した、平松禎史氏にデザインして頂きました。

本映画祭を表す躍動感溢れたデザインを、TAAF2018の公式HPや告知ポスターなどに使用していきます。

 

平松氏よりメインビジュアル制作にあたってのコメント

東京アニメアワードフェスティバル2017で個人賞・アニメーター賞をいただきました。
TAAF2018のメインビジュアルのご依頼を受け賜りまして、東京らしさ、アニメらしさを念頭に、明るくて前向きな感じのする絵にしようと考えました。
世界中からプロ・アマ問わず、日本の東京で次世代へとつながっていくアニメ文化が広がっていくように。そんな願いを込めて。

 

平松 禎史(ひらまつ ただし)
(アニメーター・演出家・イラストレーター)

キャラクターデザイナーとして『彼氏彼女の事情』、『アベノ橋魔法☆商店街』、『寄生獣 セイの格率』、『ユーリ!!! on ICE』など。
アニメーターとして『エヴァンゲリオン』シリーズなど。演出家として『電脳コイル』(第10話)、『寄生獣 セイの格率』(エンディング)、『クロムクロ』(エンディング)など。

NEWS ARCHIVE

PAGETOP