東京アニメアワードフェスティバル2018

TAAFニュース

NEWS

TAAF2016 3日目開催レポート

_DSC2773-2

2016年3月20日(日)、TAAF2016も、とうとう3日目。『映画ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年』から上映開始しました。

続いて、『Finnish short animation』ではフィンランドな幅広い短編アニメーション上映後に、『空とぶニコ!!』『アングリーバード(TVアニメ版)』のカリ・ユーソネン監督によるトークショーが行われました。
『Best of GOBELINS ―輝く動き―』では、フランス・パリの名門アニメーション学校「ゴブラン」のアニメーション上映が行われ、アントワーヌ・アンタン氏とエディ・メホング氏がその教育方針やフランスのアニメーションの現状について語りました。

『日本アニメーション40周年記念作品「シンドバッド」1部、2部上映+世界名作劇場OP集+トークショー』では、世界名作劇場で知られる日本アニメーションの40周年を正に記念する作品、「シンドバッド 空とぶ姫と秘密の島」「シンドバッド 魔法のランプと動く島」の上映と、主役声優の村中知さんをお招きして制作秘話をお伺いしました。

 

_DSC3126

『YOUNG POWER~卒業制作TOPセレクション~』は都内主要美大が勢揃いして卒業制作の上映を行うプログラム。TAAF2015コンペティション部門短編作品グランプリでアカデミー賞ノミネート作家のコンスタンティン・ブロンジェット氏、イスラエル・ベツァルエル美術デザイン学院アニメーション学部長を務めたロニー・オーレン氏による講評では厳しい言葉も飛び出し、真剣な意見交換が行われました。

 

_DSC3515

アニメ オブ ザ イヤー『SHIROBAKO』では、厳選された3話上映と、株式会社ピーエーワークスの堀川憲司代表取締役社長、宮森あおいを演じた木村珠莉さん、ワーナーエンタテインメントジャパンの川瀬浩平プロデューサー、株式会社インフィニットの永谷敬之代表取締役による熱い熱いトークショーが行われました。

アニメ制作会社の新鋭『スタジオコロリド作品特集』では、「台風のノルダ」「陽なたのアオシグレ」の上映と、会社設立から監督就任までの秘話が語られました。

 

_DSC3454

『新海誠監督特集』では、「秒速5センチメートル」「言の葉の庭」の上映に先立ち、新海誠監督による舞台挨拶が行われ、「秒速5センチメートル」制作時の美術に対する熱い想いや、「言の葉の庭」を振り返るために新宿の公園に行かれ思い出されたお話、そして8月上映予定の最新作『君の名は。』のお話を伺うことができました。

 

いよいよTAAF2016も明日で最終日、山村浩二氏がセレクトした短編アニメーションを集めた『山村浩二セレクション』や、白組の若手スタッフが自主制作した『「東京コスモ」メイキングトーク』、アニメ功労部門受賞記念スペシャルトークセッションなど、映画祭ならではのプログラムが勢揃い。
また、コンペティション部門とアニメ オブ ザ イヤー部門の受賞作品も発表されます。
ぜひ最後まで、TAAF2016をお楽しみください!

NEWS ARCHIVE

PAGETOP