ENGLISH

東京アニメアワードフェスティバル2016

TAAFニュース

『アニメ オブ ザ イヤー部門』ノミネート作品がついに決定!

 

taaf2015_aoy_n
「アナと雪の女王」©2015 Disney /「かぐや姫の物語」 ©2013 畑事務所・GNDHDDTK / © 創通・サンライズ / ©2014「STAND BY ME ドラえもん」製作委員会

社会現象化した作品多数、納得の話題作が揃い踏み

東京アニメアワードフェスティバル(TAAF)は、アニメーションの振興を目的とした国際アニメーション映画祭で、2015年度は、3月19日~23日に開催いたします。
この度、TAAF2015の「アニメ オブ ザ イヤー部門」劇場映画部門・テレビ部門ノミネート作品が決定しましたので発表します。

 
劇場映画部門 ※五十音順

作品名 監督名 公開年
アナと雪の女王
英題:FROZEN
クリス・バック
ジェニファー・リー
2013年
かぐや姫の物語
英題:THE TALE OF THE PRINCESS KAGUYA
高畑勲 2013年
機動戦士ガンダムUC (ユニコーン) episode 7「虹の彼方に」
英題:MOBILE SUIT GUNDAM UNICORN EPISODE 7 OVER THE RAINBOW
古橋一浩 2014年
STAND BY ME ドラえもん
英題:STAND BY ME DORAEMON
八木竜一
山崎貴
2014年

 
テレビ部門 ※五十音順

作品名 監督名 公開年
シドニアの騎士
英題:Knights of Sidonia
静野孔文 2014年
ピンポン THE ANIMATION
英題:PINGPONG THE ANIMATION
湯浅政明 2014年
妖怪ウォッチ
英題:YO-KAI WATCH
ウシロシンジ 2014年
ラブライブ!
英題:Love Live!
京極尚彦 2014年

 

TAAFの「アニメ オブ ザ イヤー部門」は、この1年間(2013年11月1日~2014年10月31日)に、日本国内で上映・放送された全作品を対象に、多くのファンを魅了し、かつ、現在のアニメーションの技術・独創性・商業性・ストーリー性などで業界にも多大な影響を与え、後世に受け継がれるべきと判断された作品、ならびに個人を表彰する部門です。
今回発表するノミネート作品は、日本動画協会会員社、そしてアニメに携わり第一線で活躍するアニメプロデューサー陣、総勢100名の専門的な視点によって厳正に選考されました。

本年度も今まさにアカデミー賞にノミネートされている作品。そして、社会現象を巻き起こした話題作が選ばれております。

「アニメ オブ ザ イヤー」劇場映画部門・テレビ部門の受賞作品(グランプリ、優秀賞)は、ノミネート作品の中より決定し、TAAF2015 の会期中に発表いたします。

また、このアニメ オブ ザ イヤー部門にノミネートされた作品の多くが、東京アニメアワードフェスティバル2015の会期中である3月19日(木)〜3月23日(月)にTOHOシネマズ 日本橋にて、ノミネート記念として特別上映などを行う予定です。プログラムなどの詳細は決定次第公式サイトでお知らせします。

NEWS ARCHIVE

ページ先頭へ