東京アニメアワードフェスティバル2022

プログラム

PROGRAM

『ミューン 月の守護者の伝説』日本語吹替え版 完成披露上映
"Mune: Guardian of the Moon" Japanese Dubbed Version Premiere Screening

フランス 2014年 85分 言語:日本語
TAAF2022 招待作品

TAAF2015のコンペティション部門・長編アニメーションで優秀賞を受賞した、『ミューン 月の守護者の伝説』がファンの熱い要望にて、7年越しに日本公開決定しました。
TAAF2022にて、本作の日本語吹き替え版を初披露します。

“Mune: Guardian of the Moon” which won the Award of Excellence in TAAF2015 is now set for release in Japan after 7 years at the enthusiastic request of fans. At TAAF2022, it will be premiered its Japanese dubbed version.

あらすじ

空想の世界に暮らす、青白くいたずら好きな森の子、ミューン。ひょんなことから、夜を運び、夢の世界を守る「月の守護者」に選ばれたミューンだったが、何をするにも失敗ばかり。そしてとうとう月は失われ、太陽は冥界の王に盗まれてしまった。世界に昼と夜を取り戻すため、ミューンは太陽の守護者ソホーンと、か弱い蝋人形の少女グリムと共に旅に出る。
これは素晴らしい冒険を経て、ミューンが伝説の守護者となるまでの物語。

When an evil magma demon and his minions steals the sun of a magical world, the new guardians of both the sun and the moon must embark on a quest to retrieve it and save their world from disaster as the moon faces destruction as well.

上映情報

3.11 [fri] 19:00-20:45

Mixalive TOKYO Hall Mixa

¥1,300

※当日券は200円増し

チケット購入


新型コロナウイルス感染症の拡大状況により人数を制限して実施する必要が生じた場合は、お申込みをキャンセルさせていただく場合がございます。
その他の対策やご来場の皆様へのお願いを掲載しておりますので、ご来場前に必ず下記ページをお読みください。

新型コロナウイルス
感染症対策について

登壇

大橋彩香(ミューン役)
小野友樹(ソホーン役)
武藤志織(グリム役)

スタッフ監督:アレクサンドル・へボヤン、ブノワ・フィリポン
原案・脚本:ブノワ・フィリポン
音楽:ブリュノ・クレ
グラフックデザイン:オレリアン・プレダル、ニコラス・マーレット

戻る

プログラム スケジュール

PAGETOP
CLOSE
CLOSE