東京アニメアワードフェスティバル2022

プログラム

PROGRAM

大塚康生追悼企画―大塚さんを語り尽くす―
Yasuo Otsuka Memorial Talk Show - All About Yasuo Otsuka -


TAAF2022 大塚康生追悼企画

アニメーター・大塚康生さんが、昨年、89歳の生涯を閉じました。
TAAF2022では、大塚さんを偲び、代表作の上映とトークショーを行います。
日本のアニメーションを牽引して来た、たぐいまれなるアニメーション表現力と誰からも慕われる人柄で公私ともに後を行く者たちの道しるべとなってきた方です。多くの人に慕われ続ける大塚さんの魅力に迫ります。

Animator Yasuo Otsuka passed away last year at the age of 89.
At TAAF, in memory of Mr. Otsuka, we will hold a talk show and screening of his best work.
A driving force in Japanese animation, he had a rare talent for animated expression and a personality that was loved by all who knew him. He has become a guiding light, both professionally and personally, in the lives of those he left behind. Let’s take a close look at the charm of this well-loved animator.

 

本映画祭では大塚康生さんを、敢えて「アニメーター」として紹介している。それは2002年文化庁長官賞を受賞する際に肩書を問われ、大塚さんが自ら「アニメーターとして受賞したい」と伝えていたことによる。
ちなみに、その年の厚労省の職業欄に「アニメーター」が新設されたのは、大塚さんの影響によると
私は信じている。
アニメーターにとどまらず、演出、プロデューサーの能力も発揮し、更に作品制作だけでなく、翻訳、アニメーション技術の研究を独自に行い、教育者、人材育成者としての顔も併せ持ち、更にジープやフィギュアと趣味人であったことも疑いない。
本企画で大塚康生さんという人物のひとと偉業を解き明かして行きたい。

―フェスティバルディレクター 竹内孝次―

※会場での観覧の他、同時オンライン配信も行います。

I am purposefully introduced Mr. Yasuo Otsuka as an “animator” at TAAF. The reason for this is because when Mr. Otsuka won the Commissioner for Cultural Affairs Award in 2002, he was asked what his job title was, and he himself replied that he wished “to win the award as an animator”.
Coincidentally, I believe that it was because of Mr. Otsuka’s influence that starting that year, the Ministry of Health, Labour and Welfare newly instituted classified ad listings for the job of “animator”.
But he was not merely an animator, as he proved to be skilled as a director and producer as well. Furthermore, his involvement was not limited to producing films, as he delved into independent studies of translation and animation techniques and technologies, held positions as an educator and developer of talent and human resources, and was undoubtedly also a man of diverse interests, with his passion for jeeps and figures.
For this program, I would like to bring to light the great achievements of Mr. Yasuo Otsuka and demonstrate who he was as a person.

-Koji Takeuchi, Festival Director of TAAF-

開催情報

3.13 [sun] 17:30-20:30

としま区民センター6階 601・602会議室

無料

参加申込


新型コロナウイルス感染症の拡大状況により人数を制限して実施する必要が生じた場合は、お申込みをキャンセルさせていただく場合がございます。
その他の対策やご来場の皆様へのお願いを掲載しておりますので、ご来場前に必ず下記ページをお読みください。

新型コロナウイルス
感染症対策について

登壇

イラン・グェン(東京藝術大学 大学院映像研究科 アニメーション専攻 特任准教授)
片渕須直(監督)
富沢信雄(アニメーション演出/アニメーター)
友永和秀(アニメーター)
本多敏行(作画監督)

Toshiyuki Honda(Animation Director)
Sunao Katabuchi(Director)
Ilan Nguyen(Research Associate Professor, Tokyo University of the Arts)
Nobuo Tomizawa (Director / Animator)
Kazuhide Tomonaga (Animator)

モデレーター

叶精二(映像研究家/亜細亜大学・大正大学・女子美術大学・東京工学院 講師)
竹内孝次(TAAF フェスティバルディレクター)

Seiji Kanoh (Researcher / Lecturer of Asia University, Taisho University, Joshibi University of Art and Design, TECHNOS COLLEGE)
Koji Takeuchi (Festival Director, TAAF)

戻る

プログラム スケジュール

PAGETOP
CLOSE
CLOSE