東京アニメアワードフェスティバル2022

プログラム

PROGRAM

プロダクションが求めるアニメーションスキルとは!?
~CG-ARTSアニメーション実技試験の運営を通じて感じたこと~
What Is the Skill of Animation for CG Production?


TAAF2022 教育プログラム

「CG-ARTSアニメーション実技試験」は、2019年にスタートしたCGアニメータを目指す学生向けの試験です。プロとして活躍するために、絵コンテを読み取り、CGアニメーションを制作する実践力を測ります。提出課題はCGプロダクションが審査し、スコアやアドバイス、全国順位をフィードバック!本プログラムでは、試験の企画・運営を担当するCG-ARTS小澤・宮内が、試験の魅力や、審査ポイントをご紹介します。

※会場での観覧の他、同時オンライン配信も行います。

The CG-ARTS Animation Skill Test has started for students aiming to become CG animators in 2019. It measures your ability to skills to read storyboards and create CG animations. The animations will be judged by CG Production. You will receive feedback on your score, advice, and ranking! In this program, Ozawa and Miyauchi of CG-ARTS will introduce the appeal of the test and the judging points.

上映情報

3.11 [fri] 11:00-12:30

としま区民センター7階 701~703会議室

無料

参加申込


新型コロナウイルス感染症の拡大状況により人数を制限して実施する必要が生じた場合は、お申込みをキャンセルさせていただく場合がございます。
その他の対策やご来場の皆様へのお願いを掲載しておりますので、ご来場前に必ず下記ページをお読みください。

新型コロナウイルス
感染症対策について

登壇

小澤 賢侍(CG-ARTS(公益財団法人 画像情報教育振興協会) 教育事業部)
宮内 舞(CG-ARTS(公益財団法人 画像情報教育振興協会) 教育事業部)

Kenji Ozawa (Educational Div., Computer Graphics Arts Society)
Mai Miyauchi (Educational Div., Computer Graphics Arts Society)

戻る

プログラム スケジュール

PAGETOP
CLOSE
CLOSE