東京アニメアワードフェスティバル2022

プログラム

PROGRAM

TAAF2021上映作品

YOUNG POWER 2021
YOUNG POWER 2021

※TAAF2021 開催時の情報です。


TAAF2020 教育プログラム

TAAF2019の様子

登壇

中武哲也(株式会社ウィットスタジオ・共同創業者/取締役)
Tetsuya Nakatake(Co-founder / COO, WITSTUDIO, Inc.)

渡辺敦子(アニメーター/漫画家)
Atsuko Watanabe(Animator / Cartoonist)

©2020 NISHIGORI Yukiko/Joshibi University of Art and Design

光明は囁くThe glow whispers to me.

西郡 優喜子Yukiko NISHIGORI

女子美術大学
Joshibi University of Art and Design

00:03:29 2020

散歩をしていると、木漏れ日が音を発し始める。輝く木漏れ日をステップを踏むように追いかけると光の世界に入っていく。 そこで主人公は普段、意識していなかった自然の音や光に魅せられる。

©2020 Nao Tsukahara

Le RetourThe Return

塚原菜緒Nao Tsukahara

多摩美術大学
Tama Art University

00:04:51 2020

大きな街の片隅に暮らす、駆け出しの画家の彼女は、近頃どうしても絵を描く意欲が湧かない。そんな折、幼い頃の自分が描いた絵を偶然目にする。それをきっかけに彼女に訪れる、短くも、不思議で、素敵なできごと。「あの頃の童心」が教えてくれることをテーマに制作した作品。

©2021 OKADA Shiika / Tokyo University of the Arts

Journey to the 母性の目覚めMaternal Awakening

岡田詩歌Shiika Okada

東京藝術大学
Tokyo University of the Arts

00:05:10 2021

14歳の私はある朝登校中に、突然“母性”に目覚めた。母性に囚われてから10年後、この感情が本当に母性なのかを疑うようになった。
処女懐胎、遺伝子、妊活・・・10年を旅して母性を探る。

©2020 DING GUANGZHI

A Fusion OfA Fusion Of

丁 広之DING GUANGZHI

東京工芸大学
Tokyo Polytechnic University

00:05:30 2020

緑の私はいつも薬で前向きの黄色ちゃんと臆病の青色ちゃんを融合しています。ある日、薬が足りなかった私は青色が湧いて来ました。私はバラ色の糸で繋いでる二人に分けました。

©2020 Glens_sou

白紙HAKUSHI

グレンズそう(宮崎 創)/音楽:青屋夏生Glens_sou (Sou MIYAZAKI)/Music:Natsuki AOYA

東京造形大学
Tokyo Zokei University

00:02:48 2020

この作品はインターネット上で活動されている青屋夏生さんの『白紙』という楽曲のMVとして制作しました。わたしが「やらなきゃ」に頭を埋め尽くされ部屋にこもっていた頃、「やりたい」を感じさせる青屋さんの曲、そしてわたしにとっての「やりたい」であるアニメーションにも出会いました。だからその頃の自分へ、その頃の楽曲にのせて「今こんなにもアニメーションが楽しいよ!」というメッセージを送るつもりで制作しました。

戻る

TAAF2021 全作品一覧

PAGETOP
CLOSE
CLOSE