東京アニメアワードフェスティバル2021

プログラム

PROGRAM

明るい未来を見るために アニメーション業界の将来展望 2
~デジタル化に伴う現場環境と労働環境の変化~

アニメーション制作の上流工程(レイアウト~原画)のデジタル化により、制作現場の環境はどう変化したのか、あるいは、どう変化するのか?、それに伴い労働環境は変わるのか。
「組織は将来のビジョンとして、何を考えているか」を探るシンポジウム。今後のアニメーション業界における組織の在り方や、個人の働き方、必要とされる能力など、既に上流工程からのデジタル化を実践しているスタジオの方々を中心に、彼らが見る未来を提示する。

登壇

笠間 寿高(アニメーションプロデューサー)
佐藤 弘幸(アニメプロダクション経営)    
本多 史典(アニメーションプロデューサー)
渡邉 龍之介(プロデューサー)
モデレーター: 竹内孝次(TAAF2020 フェスティバルディレクター)

戻る

プログラム

PAGETOP
CLOSE
CLOSE