東京アニメアワードフェスティバル2020

プログラム

PROGRAM

これからのアニメーション~ストップ・モーションの可能性~

TAAF2020では、コンペティション部門・短編アニメーションのノミネート作品に、ストップモーションで作られたアニメーションが例年より多かった。
昨今では、コンピュータでの作画がアニメーション制作でも多く用いられている。このような時代に、アニメーション手法の中でも最も非効率と思われるストップモーションの作品が、コンペティション部門とは言え、脚光を浴びるのは何故だろう。
ストップモーション・アニメーションの魅力を語って貰う。

登壇

合田 経郎(アニメーション作家)
ジエ・ウォン(監督)
スレッシュ・エリヤット(アニメーション監督)
見里 朝希(アニメーション監督)
モデレーター:竹内 孝次(TAAF2020 フェスティバルディレクター)

戻る

プログラム

PAGETOP
CLOSE
CLOSE