東京アニメアワードフェスティバル2021

プログラム

PROGRAM

TAAF2020上映作品

『OBSOLETE(オブソリート)』5.1ch上映&スタッフトークショー
"OBSOLETE" 5.1ch Screeing & Talkshow

※TAAF2020 開催時の情報です。

日本 2019年 約70分
招待作品

原案・シリーズ構成:虚淵玄(ニトロプラス)×アニメーション制作:武右ェ門!
YouTube Originalsとして公開され、EP1が再生回数750万回を突破、全世界で大きな反響を呼んでいる2.5mリアルロボットアニメーション『OBSOLETE(オブソリート)』が5.1ch劇場上映!
山田裕城監督と白土晴一監督に、音楽を担当するTECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUNDの石川智久氏を招いてトークショーを開催!

Draft Plan,Series Organization: Gen Urobuchi (Nitroplus) x Animation Production: Buemon!
Released as YouTube Originals, EP1 exceeded 7.5 million views, the world-renowned 2.5m realistic robot animation “OBSOLETE” will be screened at a theater in 5.1 surround sound! TAAF will be holding a talk session with guests — directors Hiroki Yamada and Seiichi Shirato, and Tomohisa Ishikawa of TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND, who is in charge of music for this film.

あらすじ

2014年、異星人は意識制御型汎用作業ロボット「エグゾフレーム」による地球との通商を開始。瞬く間に普及したこの異星のテクノロジーにより既存の世界秩序は破壊されていった。2022 年、世界が混沌に沈もうとする中、エクアドル・ペルー間の紛争に介入しようとする者たちがいた。彼らは存在するはずのない、アメリカ合衆国海兵隊のエグゾフレーム部隊だった……。

In 2014, aliens began to trade with Earth with the consciousness controlled general purpose work robot, EXOFRAME. The existing world order was overturned by the instant spread of this alien technology. In 2022, when the Earth was on the verge of falling into chaos, there were individuals attempting to intervene in the conflict between Ecuador and Peru. They were members of a United States Marine Corps Exoframe unit that wasn’t supposed to exist….

登壇

山田裕城(監督)、白土晴一(監督)、石川智久(音楽)

Hiroki Yamada(Director), Seiichi Shirato(Director),Tomohisa Ishikawa(Music)

スタッフ原案・シリーズ構成:虚淵玄(ニトロプラス)
監督:山田裕城(武右ェ門)、白土晴一
メカニックデザイン:石渡マコト(ニトロプラス)
キャラクターデザイン:吉田明彦・永井悠也(CyDesignation)
アニメーション制作:武右ェ門

戻る

プログラム

PAGETOP
CLOSE
CLOSE