東京アニメアワードフェスティバル2021

プログラム

PROGRAM

TAAF2020上映作品

ラブ・ミー、フィア・ミー
Love Me, Fear Me

※TAAF2020 開催時の情報です。

ドイツ 2018年 0:06:07
TAAF2020 短編コンペティション スロット3

「愛されるために何をする?」
『ラブ・ミー、フィア・ミー』は、私たちが演じる役割と受け入れる形、選んだ舞台、感動させようとする観客、受入価格についてのダンスメタファーである。

What would you be willing to do for them to love you?
“Love Me, Fear Me” is a dance metaphor about the roles we play and the shapes we take, about the stages we chose, the audience we try to impress and the price of acceptance.

フェスティバルディレクターからのコメント

クレイアニメーションでのダンスパフォーマンス。凄いなあと酔い痴れながらも、頭の片隅で、一体どこまでを1カット処理して撮っているんだろう、と要らぬお節介が頭をもたげる。

制作者ビデオメッセージ

監督
ヴェロニカ・ソロモン
Veronica Solomon

ルーマニア生まれ。現在はドイツのベルリンに居住。2003年に美術の学位を取得し、漫画やイラストの制作をしながら、独学でアニメーションを学んだ。 2017年、Babelsberg Konrad Wolfを卒業し、アニメーションの学士号を取得した。

Born in Romania, currently living in Berlin, Germany. Owning a degree in Fine Arts (2003), she began a self-training process to become an animator alongside doing comics and illustration. In 2017 she graduated from the Filmuniversity Babelsberg Konrad Wolf with a BA in Animation

戻る

プログラム

PAGETOP
CLOSE
CLOSE