東京アニメアワードフェスティバル2020

プログラム

PROGRAM


Daughter

チェコ 2019年 0:14:44 言語:英語 字幕:日本語
TAAF2020 短編コンペティション スロット2

父親の病室で娘は、自分がまだ幼かった頃に怪我した鳥との体験を父親に語ろうとした記憶を思い出す。小鳥がぶつかった衝撃で窓ガラスが割れるまで、一瞬の誤解と否認が何年にも引き伸ばされてこの病室へたどり着く。

In a hospital room, the Daughter recalls a childhood moment when as a little girl she tried to share her experience with an injured bird with her Father. A moment of misunderstanding and a lost embrace has stretched into many years all the way to this hospital room, until the moment when a window pane breaks under the impact of a little bird.

フェスティバルディレクターからのコメント

この世界とキャラクターに引き込まれない人はいないと思う。実際の役者の演技をトレースしているんじゃないかと勘ぐってしまうほど、繊細で的確な動きで、緊張感と感情を表している。

上映情報

3.15 [sun] 19:10-21:20

新文芸坐

制作者トーク付

学生:¥800 一般:¥1,000

※当日券は200円増し

チケット購入


3.14 [sat] 9:50-12:00

新文芸坐

一次選考委員解説付き

学生:¥1,000 一般:¥1,200

※当日券は200円増し

チケット購入

監督
ダリア・カシュチーヴァ
Daria Kashcheeva

プラハのFAMUでアニメーションを学んだ。学生時代の作品は多数の国際映画祭で取り上げられた。 オリジナル作品『To Accept』は、カンヌ国際映画祭のコンペティション部門でNespresso Talents 2017を受賞し、彼女の学士号作品の人形アニメーション『娘』は、2019年アヌシー国際アニメーション映画祭でクリスタル賞を受賞した。

Daria Kashcheeva studies animated film at FAMU in Prague. Her student films featured at many international festivals. Daria’s original "To Accept" won the Nespresso Talents 2017 film competition in Cannes. Her Bachelor’s puppet animation "Daughter" has got a Cristal at Annecy Animation Film Festival 2019.

戻る

プログラム

PAGETOP
CLOSE
CLOSE