東京アニメアワードフェスティバル2020

プログラム

PROGRAM

ムエドラ
Muedra

スペイン 2019年 0:08:50
TAAF2020 短編コンペティション スロット1

生命はどこでも生まれ、自然は異なる振る舞いをして、数日が数分間で去っていく。すべてのものは馴染み深いものであるにもかかわらず、一つとしてその場に似合ったものはない。別の視点から見た生命の循環。自然の中のストップモーションアニメーション。

Life can arise anywhere, nature behaves strangely and days can last for minutes. Although everything is familiar to us, nothing is what it seems in this place. The cycle of life seen from a different perspective. A stop motion animation film in nature.

フェスティバルディレクターからのコメント

海から生まれ、陸に上り、砂漠や岩を乗り越えて種族を作って行く。生き物の進化をみせてくれているようです。それにしても、ストップモーションで、自然光や自然物を相手にしながら、よくこんな破綻のない映像が出来ましたね。

上映情報

3.15 [sun] 14:15-16:30

新文芸坐

制作者トーク付

学生:¥800 一般:¥1,000

※当日券は200円増し

チケット購入


3.13 [fri] 17:05-19:15

新文芸坐

一次選考委員解説付き

学生:¥1,000 一般:¥1,200

※当日券は200円増し

チケット購入

監督
セザール・ディアス・メレンデス
Cesar Diaz Melendez

24年の経歴を持つアニメーター。スペインのマドリードでテレビシリーズの2Dアニメーターとしてキャリアを始め、現在はストップモーションアニメーションの専門家として活躍している。参加した長編作品にはウェス・アンダーソンの『犬ヶ島』、クロード・バラスの『ぼくの名前はズッキーニ』、 チャーリー・カウフマンの『アノマリサ』、 ティム・バートンの『フランケンウィニー』などがある。

Animator with a 24 years of experience. He started as 2D animator in Madrid, Spain, working on cartoon series for TV, and now he is specialized in Stop motion animation, making his own short film projects and working on Feature films for: "Isle of Dogs" by Wes Anderson, "Ma vie de Courgette" by Claude Barras, "Anomalisa" by Charlie Kaufman or "Frankenweenie" by Tim Burton.

戻る

プログラム

PAGETOP
CLOSE
CLOSE