東京アニメアワードフェスティバル2020

プログラム

PROGRAM

マロナの幻想的な物語り
Marona's Fantastic Tale

ルーマニア・フランス・ベルギー 2019年 1:31:00 言語:フランス語 字幕:日本語・英語
TAAF2020 長編コンペティション

交通事故にあってしまった小さなメス犬、マロナは、無条件で愛していた、今までの主人達のことを思い出す。マロナはこれまで飼われたすべての飼い主を、いつも変わらぬ明るさと無邪気さで支えてきた。

Victim of an accident, a small female dog remembers her different masters she has unconditionally loved. With her unfailing empathy, Marona has brought lightness and innocence in each of the homes she has lived in.

フェスティバルディレクターからのコメント

『ヌフ(9番目)』『アナ』『サラ』『マロナ』と名前が変わりながら生きた犬の一生の物語り。このアニメーション映画は、とても文字では表せません。時には、抽象的に思える犬の感じた情景を交えながら、感情やストーリーが明確に伝わるような演出的配慮が施されています。マロナの一生とでもいうような人?生の物語りであり、その一生に感銘を受けてしまうのは、私だけではないと思います。

上映情報

3.13 [fri] 19:50-21:35

新文芸坐

制作者トーク付

学生:¥800 一般:¥1,000

※当日券は200円増し

チケット購入


3.14 [sat] 12:30-14:30

新文芸坐

一次選考委員解説付き

学生:¥1,000 一般:¥1,200

※当日券は200円増し

チケット購入

監督
アンカ・ダミアン
Anca Damian

アヌシー国際アニメーション映画祭のクリスタル賞を含め、世界中で35以上の賞を受賞し、世界的な成功を収めた『Crulic – The Path to Beyond』の監督、脚本家、プロデューサーである。2015年、『The Magic Mountain』がアヌシーにて世界初上演され、カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭のコンペティション部門にノミネートされるなど60以上の映画祭に選ばれ、11の国際的な賞を受賞し、彼女の名声を確立した。2016年にはEurimagesが提供するAudentia Awardを初めて受賞した。

Anca Damian is a director, screenwriter and producer for "Crulic – The Path to Beyond", that received international success, more than 35 international prizes, among which the Cristal Award in Annecy.
In 2015, "The Magic Mountain" continues to establish her. It world premiered in Annecy, and in Karlovy Vary IFF Competition. It was selected in more than 60 festivals and won 11 international prizes. She was also the first to receive the Audentia Award in 2016 offered by Eurimages.

戻る

プログラム

PAGETOP
CLOSE
CLOSE