東京アニメアワードフェスティバル2022

プログラム

PROGRAM

TAAF2018上映作品

第一章『GODZILLA 怪獣惑星』特別復活上映会&静野孔文・瀬下寛之監督トークショー
Special Talkshow "GODZILLA: Planet of the Monsters”

※TAAF2018 開催時の情報です。

日本 2017年 89分 言語:日本語
TAAF2018 招待作品

アニメーション映画『GODZILLA』三部作の第一章『GODZILLA 怪獣惑星』の上映後、静野孔文・瀬下寛之両監督を迎え、貴重なコンセプト・スケッチを始めとするイメージ画を交えながら、人類とGODZILLAの対決のみでなく、GODZILLAそのものに迫る。
また、両監督による制作体制のあり方、お二方で進めるメリットなど、作品全体の成り立ちに迫るトークショーを実施します。
第二章『GODZILLA 決戦機動増殖都市』の公開前に、本三部作をより深く味わって頂けるプログラムとなっております。

あらすじ

2048年、半世紀にわたる怪獣そして“ゴジラ”との戦争の末、人類は敗走を重ね、ついに地球脱出。11.9光年の彼方にある「くじら座タウ星e」を目指し旅立った。しかし、20年かけて辿り着いた星は人類が生存可能な環境ではなかった。
移民の可能性を閉ざされた人類は危険な長距離亜空間航行を決断し地球を目指す。だが、亜空間航行による時間の歪みが生じ、地球は二万年の歳月が経過し、地上は“ゴジラ”を頂点とした生態系による未知の世界となっていた―――。

The time is 2048. A half a century has past since ferocious battle of mankind against monsters and “Godzilla” has begun.
Humans, unable to compete, finally exiled from their home planet to set out on an 11.9-light year journey for the planet Tau-e in the Cetus constellation.
But when they arrived after 20 years of space travel, the remnants of mankind find the environmental conditions on Tau-e to be much different than expected: uninhabitable by human being.

As the hope for the exile has deserted, mankind decided on a dangerous subspace jump-warp to return to their home planet: the Earth.
However, the warp created a distortion on time and space and 20,000 years have elapsed when they have finally returned.
The home they return to has now become an alien planet of a new ecosystem reigned by Godzilla…

監督
静野孔文・瀬下寛之
スタッフストーリー原案・脚本:虚淵玄(ニトロプラス)
音楽:服部隆之
キャラクターデザイン原案:コザキユースケ
アニメーション制作:ポリゴン・ピクチュアズ
製作:東宝

戻る

TAAF2018 全作品一覧

PAGETOP
CLOSE
CLOSE