東京アニメアワードフェスティバル2024

プログラム

PROGRAM

魔女の妖精
Witchfairy

TAAF2024 コンペティション部門 短編アニメーション スロット1
ベルギー・ブルガリア 2022年 0:15:00

ローズマリーは、妖精の城で退屈な日々を送る若い妖精。彼女は、叫んだり箒に乗って飛んだりと、滅茶苦茶なことができる、魔女になりたいと思っている。残念なことに、母親は大反対なので、ローズマリーは家出をして、謎めいた魔女の森へと向かうことにする。

Rosemary, a young fairy, leads a boring life in the fairytale castle. She’d rather be a witch so she can scream, fly on brooms and get really messy. Unfortunately her mother strongly disagrees, so Rosemary decides to run off to the mysterious witch forest.

上映情報

3.8 [fri] 13:45-15:51

Mixalive TOKYO B2F Hall Mixa

一次選考委員解説付き

学生:¥1,000 一般:¥1,200

※当日券は200円増し

チケット購入


3.10 [sun] 10:00-11:41

Mixalive TOKYO B2F Hall Mixa

学生:¥1,000 一般:¥1,200

※当日券は200円増し

チケット購入

監督
セドリック・イゴー、デビッド・ヴァン・デ・ヴァイヤー
Cedric Igodt, David Van de Weyer

セドリック・イゴーはテーマパーク向けの立体3D映像の監督兼プロデューサー。2006年からアニメーションの仕事を始めた。
デビッド・ヴァン・デ・ヴァイヤーは映像作家で、2000年からアニメーションと視覚効果において多岐にわたる経験を持つ。
『魔女の妖精』は二人にとって初の劇映画短編アニメーションで、映画祭で発表された。

Cedric Igodt started working in animation in 2006. He is a director and producer of stereoscopic 3D films for theme parks. David Van de Weyer is a visual storyteller who has experience since 2000 as a generalist in animation and visual effects. "Witchfairy" is their first animated narrative short presented on a film festival.

戻る

スケジュール プログラム一覧

PAGETOP