東京アニメアワードフェスティバル2024

TAAFニュース

NEWS

TAAF2024 アニメ功労部門 顕彰者決定!

『それいけ!アンパンマン』 ©やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV
『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』2022年公開 ©バード・スタジオ/集英社 ©「2022 ドラゴンボール超」製作委員会
『伝説巨神イデオン』 ©サンライズ(公式ホームページ http://www.ideon.jp/)
『装甲騎兵ボトムズ』 ©サンライズ(公式ホームページ http://www.votoms.net/)
『小さなバイキングビッケ』ⒸZUIYO 「小さなバイキングビッケ」公式ホームページ http://www.vicke.ne.jp
『ルパン三世 PART2』 原作:モンキー・パンチ ©TMS

 

「アニメ功労部門」はアニメーション産業・文化の発展に大きく寄与した方を顕彰するものです。
本年も各方面で活躍する7名と1社の顕彰者が決定いたしました!

トムス・エンタテインメントで数々の名作を生みだした名プロデューサー・加藤 俊三さん、唯一無二の魅力を誇るキャラクタードラマを生み出す原作者・鳥山 明さん、さまざまなジャンルの作品をヒットに導いた脚本家・富田 祐弘さん、常に独自の世界を展開してきた稀代の『作り手』である監督・髙橋 良輔さん、フォルムや質感に拘り、伸びやかに動くキャラクターを描くアニメーター・関 修一さん、ジャズ・イディオムに裏打ちされた作風でアニメ音楽に新風を巻き起こした作曲家、ミュージシャン・大野 雄二さん、人気アニメを支えてきた変幻自在なハイバリトンの声を持つ声優・古川 登志夫さん、そして、アニメーションの大量生産を可能にした画期的な機械トレスマシンを設計・製作したデュプロシステム株式会社・山本 力さんら長きに渡って活躍するレジェンドの受賞が決定いたしました。

TAAF2024アニメ功労部門 顕彰者

加藤 俊三 かとう しゅんぞう
プロデューサー

トムス・エンタテインメントで数々の名作を生みだした、出﨑統作品やテレコム・アニメーションを支えた名プロデューサー

代表作品:『それいけ!アンパンマン』『あしたのジョー2』『スペースコブラ』

鳥山 明 とりやま あきら
原作者

唯一無二の魅力を誇るキャラクタードラマに世界が熱狂
アニメ「ドラゴンボール」シリーズは、原作40周年の2024年に最新作が予定されている

代表作品:『ドラゴンボール』『Dr.スランプ アラレちゃん』『SAND LAND』

富田 祐弘 とみた すけひろ
脚本家

『イデオン』『マクロス』などのロボットアニメから大ヒット作『ビックリマン』まで幅広く手掛ける。キャラクターの魅力を大切に、さまざまなジャンルの作品をヒットに導いた脚本家

代表作品:『伝説巨神イデオン』『ビックリマン』『超時空要塞マクロス』

髙橋 良輔 たかはし りょうすけ
監督

『サイボーグ009』『火の鳥』といった原作物から『ダグラム』『ボトムズ』などのオリジナルまで、
幅広いジャンルで常に独自の世界を展開してきた稀代の『作り手』

代表作品:『装甲騎兵ボトムズ』『太陽の牙ダグラム』『火の鳥』

関 修一 せき しゅういち
アニメーター

フォルムや質感に拘り、伸びやかに動くキャラクター作り。今も愛される数多の作品造形師

代表作品:『小さなバイキングビッケ』『ペリーヌ物語』『トム・ソーヤーの冒険』

大野 雄二 おおの ゆうじ
作曲家・ミュージシャン

日本で最も有名なアニメ音楽のひとつ、『ルパン三世』のコンポーザー
ジャズ・イディオムに裏打ちされた作風でアニメ音楽に新風を巻き起こした

代表作品:『ルパン三世 PART2』『スペースコブラ』『キャプテンフューチャー』

古川 登志夫 ふるかわ としお
声優

熱血ヒーローの強さからおどけた三枚目の優しさまで
人気アニメを支えてきた変幻自在なハイバリトンの匠

代表作品:『ドラゴンボール』『機動警察パトレイバー』『ゲゲゲの鬼太郎(TVアニメ第6期)』

デュプロシステム株式会社・山本 力 やまもと つとむ

アニメーションの大量生産を可能にした画期的な機械トレスマシン。
その設計・製作には、時代が起こした奇跡としか言えない偶然が重なった

代表作品:トレスマシン

順不同・敬称略

NEWS ARCHIVE

PAGETOP