東京アニメアワードフェスティバル2017

アニメ オブ ザ イヤー

ANIME OF THE YEAR

アニメ オブ ザ イヤー部門とは

1年間で日本国内で放送、上映された商業作品をリストアップし、アニメ業界の第一線で活躍しているプロデューサー、クリエイター、その他メディアやアニメグッズを扱う店舗など、幅広いアニメ業界のプロフェッショナルによる投票を実施し、「作品賞」と「個人賞」を決定。
また、一般ユーザーによるTwitterを通してのファン投票も実施し、劇場映画・テレビの全てより「アニメファン賞」を決定します!

選考方法について

アニメ オブ ザ イヤー部門では、より多くのアニメファンの皆さんにご参加頂くべく、新投票方式を採用しました。
昨年、日本で上映・放送された550作品からアニメファンのみなさんの投票で、「みんなが選ぶベスト100」を決め、その100作品の中より「アニメファン賞」「作品賞」「個人賞」を決定します。

アニメファン・みんなが選ぶベスト100

2016年度(2015年10月18日(日)~2016年10月15日(土))の全上映・放映作品550作品より、上位100作品を選出します。
「私の好きな作品」、「私がよかったと思う作品」、「私がほかの人たちにも薦めたい作品」等々をファンのみなさんに投票で選んでいただきます。
そしてこの上位100作品(TV90作品/映画10作品 計100作品)が「アニメファン賞」「作品賞」「個人賞」の対象作品となります。

投票者

アニメファンのみなさんです。ツイッターのアカウントさえあれば、誰でも投票できます。

対象作品

2015年10月18日(日)~2016年10月15日(土)までに日本国内で放送・上映された全作品541作品

投票期間

2016年11月21日(月)~12月25日(日)

投票方法

『アニメファン・みんなが選ぶベスト100』特設サイトより、投票して下さい。
1人、1日1回の投票が出来ます。

投票結果

12月27日(火)に、結果(TV90作品/映画10作品 計100作品)を発表します。
投票開始日より12月22日までは、随時投票の途中経過が見られるようにします。
但し、12月23日~25日はブラインド期間とし、数字の進捗を公表しません。 

アニメファン賞

アニメファン・みんなが選ぶベスト100で選出された上位100作品(TV90作品/映画10作品 計100作品)から、再びアニメファンの方に投票いただき、2016年度もっともアニメファンに愛された作品を決定します。

投票者

アニメファンのみなさんです。ツイッターのアカウントさえあれば、誰でも投票できます。

対象作品

アニメファン・みんなが選ぶベスト100で選出された上位100作品(TV90作品/映画10作品 計100作品)

投票期間

2017年1月16日(月)~2月16日(木)

投票方法

『アニメファン賞』特設サイトより、投票して下さい。
1人、1日1回の投票が出来ます。

投票する

投票結果

投票開始日より2月13日までは、随時投票の途中経過が見られるようにします。
但し、2月14日~16日はブラインド期間とし、数字の進捗を公表しません。 

作品賞

アニメ業界の第一線で活躍しているプロデューサー、クリエイター、その他メディアやアニメグッズを扱う店舗など、幅広いアニメ業界のプロフェッショナルによる投票いただき、2016年度最も優れた作品(劇場映画部門・テレビ部門各1作品)を選出します。

投票者

事前にご登録いただいたアニメに関わるプロフェッショナルの方々

対象作品

アニメファン・みんなが選ぶベスト100で選出された上位100作品(TV90作品/映画10作品 計100作品)

発表

2017年3月13日(月) TAAF2017表彰式にて発表

個人賞

アニメ業界の第一線で活躍しているプロデューサー、クリエイター、その他メディアやアニメグッズを扱う店舗など、幅広いアニメ業界のプロフェッショナルによる投票いただき、2016年度最も優れたクリエイター(5部門)を選出します。

投票者

事前にご登録いただいたアニメに関わるプロフェッショナルの方々

各賞

監督・演出賞

総監督、監督、チーフディレクター 等

原作・脚本賞

オリジナル原作、シリーズ構成、脚本 等

アニメーター賞

キャラクター原案、キャラクターデザイン、キャラクター設定、メカデザイン、総作画監督 等

美術・色彩・映像賞

美術監督、美術設定、美術デザイン、撮影監督、編集 等

音響・パフォーマンス賞

声優、音楽、音響監督、録音監督 等

対象者

アニメファン・みんなが選ぶベスト100で選出された上位100作品(TV90作品/映画10作品 計100作品)のクリエイター。
および、アニメ業界のプロフェッショナルから推薦いただいたクリエイター。

推薦制度

スタッフのリスト化には限界があり、どうしても若いスタッフはTAAF作成のリストから漏れてしまいます。そこで、現場に携わるプロの方々の目で、次世代の業界の力となるような方々を、対象作品にかかわらず事前に推薦いただく制度を設けました。

発表

2017年3月13日(月) TAAF2017表彰式にて発表

PAGETOP