東京アニメアワードフェスティバル2025

プログラム

PROGRAM

TAAF2023上映作品

フレデリック・バック 生誕100年特別企画
Frédéric Back - A Centennial Celebration of His Birth

※TAAF2023 開催時の情報です。

TAAF2023 招待作品

フレデリック・バックは、高畑勲監督が「わが師」と呼んだカナダのアニメーション作家です。しかし、元々はイラストレーターであり、独仏国境地帯のザール地方で生まれ、フランスで育ち、その後カナダに渡るという複雑な経歴を持つ作家です。
彼の作品は、強いテーマ性があるにもかかわらず、まず印象に残るのは柔らかな線と色彩です。叙景詩のように展開される彼の作品を生誕100年のこの時に是非こお楽しみください。
また、上映後には、カナダ国立映画制作庁 フェスティバル・劇場上映チーフのエリーゼ・ラべさんが登壇し、フレデリック・バック監督の作品の魅力を語ります。

登壇

西岡 純一(株式会社スタジオジブリ 広報・学芸担当スーパーバイザー)
Junichi Nishioka (PR, Curation & Archive Supervisor, STUDIO GHIBLI INC.)

エリーゼ・ラべ(カナダ国立映画制作庁 フェスティバル・劇場上映 チーフ)
Elise Labbé (Head, Festivals and Theatrical Screenings, National Film Board of Canada)

Frédéric Back was a Canadian animation artist whom director Isao Takahata called “my mentor”. He was originally an illustrator and had a complicated background. He was born in Saar Basin, in the border region of Germany and France, and grew up in France then moved to Canada. Even though his works have a strong theme, we are impressed by soft lines and colors of those at first. Please enjoy his films which unfold like poetry depicting landscapes on the occasion of the centennial of his birthday.

上映作品

鳥の誕生The Creation of Birds

1972年 0:10:00

カナダ東南部の先住民族、ミックマック族の民話を題材に、自然とともに暮らす人々の生活や、四季の移り変わりを描いた。フェルトペンで描いた切り紙によるアニメーションだが、さまざまな色のインド絹紙を用いたり、絵のパーツを糸で引っ張って動かすといったテレビ制作での技術を応用したりしている。

イリュージョン?¿ Illusion ?

1975年 0:12:00

田舎で暮らす子どもたちの前に現れた魔法使いが、自然のものを次々と工業製品に変える。魔法はどんどんエスカレートし、子どもたちも不安な表情になっていく……。キャラクターはセルに油性フェルトペン、背景は色の着いた紙にパステルや色鉛筆などで描かれた。また、音楽を初めてノルマン・ロジェが務め、以後彼はバック作品に欠かせない存在となる。

クラック!Crac !

1981年 0:15:00

フレデリック・バックの長女、スーゼルのアイデアをもとに、一脚のロッキングチェアが辿る運命を通じて、失われつつあるケベックの伝統的な生活や文化、家族愛、自然への共感、現代文明批判などをユーモラスに描く。「トゥ・リアン」でのツヤ消しセルに色鉛筆で描く手法は、フレデリック・バックならではのものとして定着した。アカデミー賞短編アニメーション部門受賞。

木を植えた男The Man Who Planted Trees

1987年 0:30:00

羊飼いのエルゼアール・ブッフィエは、たった一人で荒地に木を植え続けていた。ブッフィエの無償の行為は、不毛の地に緑をしたたらせ、生命の輝きに満ちた場所に蘇らせた。ジャン・ジオノの原作に感銘を受けたバックが、5年半の歳月をかけ、2万枚におよぶ作画作業の大半を一人でこなして作り上げた代表作。また、コンピュータ制御の撮影台を使い、より高度で複雑なカメラワークを見せている。前作に続きアカデミー賞短編アニメーション部門受賞。そして、この映画に感動した人々による植樹運動が世界中に広がりを見せた。

戻る

TAAF2023 全作品一覧

PAGETOP