東京アニメアワードフェスティバル2019

プログラム

PROGRAM

シンポジウム②
日本のアニメーションを考える グローバルとユニーク
Symposium 2:Considering Japanese Animation between Global & Unique


TAAF2019 シンポジウム

アニメーションの第一線で活躍するプロデューサーにお集まりいただき、多様化していく世界のアニメーション事情の中で、日本のアニメーションの立ち位置を確認するシンポジウムを開催します。
コンペティション部門に応募があった56カ国793作品のアニメーションを通して、世界のアニメーション事情と日本のアニメーション事情の違いを確認し、日本のアニメーションはどう進歩していくべきなのか、どの方向に向かうべきなのか探ります。さらに、そのために必要なアニメーション制作工程の将来像を語り合います。

※写真はTAAF2018のシンポジウムの様子です。

We will gather producers who thrive in the front line of animation and host a symposium to identify the position of Japanese animation within the conditions of world animation, which is becoming more diverse.
Through the 793 works of animation that were submitted to the competition from 56 countries, we will identify the differences between the conditions of world animation and Japanese animation and explore how and in which direction Japanese animation must advance. Furthermore, we will speak about the future of animation production processes necessary for advancement.

上映情報

3.10 [sun] 14:45-16:45

豊島区庁舎5階 会議室

無料

参加申込

登壇

加藤浩幸 Kato Hiroyuki
アニメーションプロデューサー Animation Producer 

アニメーションプロデューサーとして、ポケットモンスターシリーズ。プロデューサーとして、ピカイア!シリーズを制作。
2015年より、ToonBoomによるデジタル作画のワークフローの構築に従事。
現在は、マレーシアに設立したデジタル作画スタジオ、OLM Asiaの立ち上げ及び制作管理を担当。

As an animation producer, Pocket Monster series. As a producer, he is in charge of the Pikaia! Series.
Since 2015, he is engaged in building a workflow of digital drawing.

田中伸明 Nobuaki Tanaka
日本アニメーション株式会社 制作部長
Chief Production Manager, Nippon Animation Co.,Ltd.

東京都出身。
1990年、日本アニメーション株式会社に制作進行として入社。
世界名作劇場「私のあしながおじさん」「トラップ一家物語」などを担当。
プロデュース作品は「ムカムカパラダイス」(93年)「魔法陣グルグル」(94年)「こんにちはアン」(09年)など。
2013年から「ちびまる子ちゃん」のプロデューサーとしてTVシリーズ、劇場版を
制作。同社制作部長として、制作を統括している。

Born in Tokyo, Japan.
At 1990, he joined Nippon Animation co., Ltd. as Production Assistant.
He took part in production of World Masterpiece Theater “Daddy-Long-Legs,“The Trapp Family Story,”and so on. He also produced “Muka-Muka Paradise (1993),”Magical Circle Guru Guru (1994),” “Before Green Gables (2009).”From 2013, he is producing of TV series and movie of“Chibi Maruko Chan”. Currently, he is supervising productions of Nippon Animation co., Ltd. as Production Manager.

本多史典 Fuminori Honda
アニメーションプロデューサー Animation Producer

神奈川県伊勢原市出身。1980年生まれ。2004年中央大学総合政策学部卒業。アニメーションプロデューサー。2005年にアニメーション制作会社のプロダクション・アイジーに制作進行として入社。「攻殻機動隊S.A.C.」「精霊の守り人」「図書館戦争」「東のエデン」などの人気作品の制作進行と制作デスクを担当。2015年4月よりグループ会社の株式会社シグナル・エムディの立ち上げメンバーとして入社。

Animation Producer Graduate of the Faculty of Policy Studies, Chuo University (2004)
Fuminori Honda was born in Isehara City, Kanagawa Prefecture in 1980. In 2005, he entered the animation production company Production I.G. as a production assistant. As production assistant and chief production assistant, he was involved in popular animation including “Ghost in the Shell: Stand Alone Complex”, “Moribito: Guardian of the Spirit”, “Toshokan Senso”, and “Eden of the East”. Later in his career, he became one of the founding members of the new company SIGNAL.MD,Inc.

戻る

プログラム スケジュール

PAGETOP