東京アニメアワードフェスティバル2023

TAAFニュース

NEWS

『大塚康生追悼企画 『未来少年コナン』―大塚康生のアニメーションは、何故私たちを魅了し続けるのか―』登壇者変更のお知らせ

22/3/12(土)15:00-16:30『大塚康生追悼企画 『未来少年コナン』―大塚康生のアニメーションは、何故私たちを魅了し続けるのか―』に登壇を予定していた井上俊之氏が、都合により出演できなくなりました。登壇を楽しみにされていた皆様には、心よりお詫び申し上げます。

代わって、安藤雅司氏が登壇いたします。

安藤 雅司 アニメーター/監督

1969年生まれ、広島県出身。1990年、研修生の二期生としてスタジオジブリ入社。宮崎駿監督作品『もののけ姫』(1997)、『千と千尋の神隠し』(2001)の作画監督を務めた。2003年、フリーランスになって以降もジブリ作品に参加し、『思い出のマーニー』(2014)で作画監督と共に脚本も担当している。キャラクターデザイン・作画監督を務めた作品に、『パプリカ』(2006)、『ももへの手紙』(2012)、『君の名は。』(2016)、原画参加作品に、『イノセンス』(2004)、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』(2012)などがある。初監督作品『鹿の王 ユナと約束の旅』が2022年2月公開された。

 

当変更による払い戻し等につきましては、チケットをご購入いただいた皆様へ直接メールにてご連絡いたします。
メールの不着などございましたら、ご購入時のお名前と注文番号を明記の上、下記よりお問い合わせいただければ幸いです。

[ お問い合わせフォーム ]

NEWS ARCHIVE

PAGETOP