東京アニメアワードフェスティバル2018

プログラム

PROGRAM

TAAF2017上映作品

ユイと蛇 Yul and the Snake

※TAAF2017 開催時の情報です。

2017 コンペティション部門短編作品
フランス 2015年 0:13:11 言語:フランス語
TAAF2017 短編コンペティション スロット3

13歳のユイは兄貴のディノと、アルゼンチン マスチフ(犬)を連れた悪党マイクの所へ約束を果たしに行く。しかし物事はうまく進まず、不思議な蛇が現れる。

Yùl, 13 years old, goes with his big brother Dino to conclude a deal with Mike, a thug escorted by his Argentinian mastiff. When things go wrong, a mysterious snake appears.

見どころ

まるでギャング映画かドキュメンタリーを見るような緊張感と臨場感がある。ブッシュだけの荒野。登場人物は蛇を含めて4人だけ。
全編線描だけで、着彩されているのは蛇だけだ。ボスにへつらって生きている、ひったくり犯の兄弟はどうなるんだろう。アニメーションという手法で荒む心情をうまく表現している。

監督
Gabriel Harel 

下アルプス、プロバンス、マルセイユの間で育つ。エピナル・スクール・オブ・ファイン・アーツでデッサン、マンガ、映画に熱中する。映画撮影の現場で働くかたわら、実写と描画を織り交ぜた短編作品を制作。その後、まもなくアニメ学校のラ・プードリエールに入学。「ユイと蛇」は初のアニメーション作品。

Gabriel Harel has grown up between the lower Alps, Provence and Marseille. At the Epinal Art School he developed his passion for drawing, comic strips, and cinema. Then, he worked on several film shootings while he directed small movies which mixed live action and drawings. Quickly after, he entered La Poudrière, an animation school. Yùl and the Snake is his first animated film.

戻る

PAGETOP