東京アニメアワードフェスティバル2018

プログラム

PROGRAM

TAAF2017上映作品

アリアンの運命の糸 Ariadne’s Thread

※TAAF2017 開催時の情報です。

2017 コンペティション部門短編作品
スイス 2016年 0:12:50
TAAF2017 短編コンペティション スロット3

アリアンはボールで遊んでいる。母に家に入るように言われ、彼女はそれを中断させられる。アリアンはボールを失くしてしまうのと同時に、子供時代を失った。20世紀とアリアンの人生がベランダで展開されていく。アリアンは生命の終わりに近づくと失った子供時代を取り戻す。

Ariadne is playing with a ball. She is interrupted, as her mother calls her inside. She loses her ball, along with her childhood. The 20th Century and Ariadne‘s life plays out on her balcony. As Ariadne nears the end of her life, she regains her lost childhood.

見どころ

アリアンという女性の一生を、ベランダに洗濯物を干すという行為を通して描いている。この女性があまり幸福に見えないのは、私だけなのだろうか。
ボールと呼び鈴を押す人を含め、作者に聞いてみないと分からない私小説的な作品です。

監督
Claude Luyet • 

1960年代にグラフィックデザインを学び、作品制作の請負いや自分の短編を手がける為に、1970年にジョルジュ・シュヴィツゲベル、ダニエル・スーターと共にスタジオGDSを設立。

Claude Luyet studied graphic design in the 1960’s and then founded Studio GDS in 1970, with Georges Schwizgebel et Daniel Suter, in order to produce commissioned films and personal short films.

戻る

PAGETOP