東京アニメアワードフェスティバル2018

プログラム

PROGRAM

TAAF2017上映作品

ペリフェリア Peripheria

※TAAF2017 開催時の情報です。

2017 コンペティション部門短編作品
フランス 2015年 0:12:20
TAAF2017 短編コンペティション スロット2

広大で放棄された公営住宅団地の中心への旅。ペリフェリアは荒れていく都市環境を描く。風が吹き、野良犬が放浪し人の面影を追う近代のポンペイ。

A journey into the heart of a large and abandoned council estate. Peripheria portrays an urban environment becoming wild: a modern Pompeii where the wind blows and dogs roam, tailing the remains of human life.

見どころ

何故かは知りません。人間が居なくなり荒廃した町ペリフェリアの主は犬たちです。とにかく、この犬たちの表現が素晴らしい。
動きの特徴をよく捉えてあって、まさに生きているようです。このアニメーションのクオリティーの高さは、見ておかないと損します。

監督
David Coquard Dassault 

1977年フランス生まれ。リヨンの応用美術プログラムを卒業し小説や子供向けの本のイラストを務める。アニメーション作品の芸術監督、作家、監督でもあり2008年に制作した初の短編作品「L’Ondée (ロンデー)」はカンヌ国際批評家週間、オタワ国際映画祭、サンダンス映画祭などに選ばれた。

Born in 1977 in France, David Coquard-Dassault graduated from Lyon's Applied Arts program and illustrated novels and children’s books. Artistic director, author and director of animated film, he directed his first short film in 2008, L’Ondée, selected for a number of festivals including La Semaine de la Critique, Ottawa International Film Festival and Sundance.

戻る

PAGETOP