東京アニメアワードフェスティバル2018

プログラム

PROGRAM

TAAF2017上映作品

日本のアニメーション業界の多様性(ダイバーシティ)を考える

※TAAF2017 開催時の情報です。

2017 招待作品

国際交流パネル

ロマン・トマ氏が作っているサイト「フランス人・コネクション」を中心に、日本のアニメーション業界で働く外国の人たちから、日本のアニメーション業界は働き易い多様性のある業界だと写っているのかどうか。何が魅力あるいは長所で、何が短所なのか、日本で働くコツ等を語っていただくパネルです。

「どうしてアニメーションのプロになりたかったのか?」「なぜ日本でアニメーションをやりたいと思ったのか?」アニメーションという職業を選んだ動機や、日本のアニメーション、アニメーション業界のいいところを、それぞれの国の事情を交え、「外国から見た日本」という視点でお話しいただきます。

また、外国の人たちを実際に受け入れている会社では、どのように考えて彼らを受け入れているのか。他の会社と視点がどう違うのかを見ながら、日本は将来クリエイターの集まる国になるのか、現状を踏まえた予測と、理想的な希望の二つの観点から、将来の展望も語り合います。

登壇

ロマン・トマ フランス
エディ・メホング フランス(アニメーター)
アンドリュー・鹿田 スコットランド(アニメーター)
ジョセフ・チャンドラ・ムリャント インドネシア(アニメーター)

戻る

PAGETOP