東京アニメアワードフェスティバル2019

プログラム

PROGRAM

TAAF2017上映作品

ズッキーニと呼ばれて
My Life as a Courgette

※TAAF2017 開催時の情報です。

スイス 2016年 66分 言語:フランス語 字幕:日本語・英語

一次選考委員解説付き上映会登壇者

モデレーター

叶 精二 Seiji Kanoh
映像研究家、早稲田大学講師
Researcher/Lecturer of Waseda University

一次選考委員

横田正夫 Masao Yokota
日本大学教授

 

監督
Claude Barras

自身初の長編監督作品となる「ズッキーニと呼ばれて」を制作する以前に、世界中の多数の映画祭で賞を獲得した「The Genie in a Ravioli Can」など、いくつもの短編作品を手掛けてきた。幼少の頃より時代や年齢の違いを超越した特殊なコネクションにより、観客を同時に笑わせ、泣かせることができる、貴重な才能を持つ。彼の作り出す物語には、リアリアズム、ファンタジー、ユーモア、そして詩情がつまっている。
本作は、ギレス・パリス原作の「Autobiography of a Courgette」をストップモーションアニメーションにした物である。

Before directing his first feature film, My Life as Courgette, Claude Barras directed several short films including The Genie in a Ravioli Can, which received numerous awards in film festivals around the world. Claude Barras’ unique connection with childhood transcends time and age differences; he has the rare gift of being able to make you laugh and cry at the same time. His stories are filled with realism and fantasy, humor and poetry. He was the impetus for adapting Gilles Paris’Autobiography of a Courgette into a stop-motion animation film.

戻る

TAAF2017 全作品一覧

プログラム スケジュール

PAGETOP