東京アニメアワードフェスティバル2017

TAAFニュース

NEWS

TAAF2017 1日目開催レポート

17年3月10日(金)、TAAF2017開幕しました!
最初のプログラムは9:45開映の『短編コンペティション スロット1』
フェスティバルディレクターの竹内孝次より開会の挨拶を行い、4日間の会期がスタートしました。

_D6A2935

インフォメーションカウンターが設置されたWACCA池袋1Fでは、NHKの「どーもくん」等で有名なストップモーションのスタジオ、ドワーフのアニメーター・峰岸裕和氏による人形アニメーション作りの設営が11時に終了。まさにアニメーション作りをその場でお見せする新しい試みが始まりました。

WACCA池袋2Fでは、恒例となったアニメ功労部門顕彰者の様々なアニメの資料の展示が。
なかなか見ることのできない貴重な品の数々です。

_R9A2293

18時から、ルミネ1Fメトロポリタン自由通路にてオープニングセレモニーを行いました。
オープニング作品『ひるね姫』の監督をされた神山健治監督や、会場を移したことを祝して高野之夫豊島区長、アニメ功労部門に顕彰された前川誉公(陽子)さんをはじめ、池袋を支えてきた様々な方々や、アニメーションの未来を作り続けるコンペティションノミニーなど、たくさんの方にお集まりいただき、テープカットを行い盛大にTAAF2017開会を宣言しました。
なかでも前川誉公(陽子)さんには歌のプレゼントまで頂戴し、アンコールには代表作『キューティーハニー』を。たまたま通りかかられた方も足を止め、思わず聞き入られる様子が。

_D6A3080

_D6A3231

池袋HUMAXシネマズでは『ノルディックスペシャル―北欧のアニメーション―』
ピックリの着ぐるみも登場し、思いがけぬ『中の人』の披露も。

新文芸坐ではコンペティションの一次選考委員による解説が行われ、お客様から豊富な質問が寄せられていました。

_D6A3428

シネ・リーブル池袋ではオープニング作品『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』を上映。
神山監督にご登壇いただき、作品について熱く語っていただきました!

_DSC9294

いよいよはじまったTAAF2017。
当日券も各劇場で販売中です。ぜひ池袋へお越しください!

NEWS ARCHIVE

PAGETOP