東京アニメアワードフェスティバル2018

TAAFニュース

NEWS

東京アニメアワードフェスティバル2016 フェスティバルディレクターのご紹介

東京アニメアワードフェスティバル2016に向け、昨年12月よりフェスティバルディレクターとして、竹内孝次氏が就任しております。
改めまして竹内氏のプロフィールを紹介いたします。
竹内フェスティバルディレクターの下、充実した国際アニメーション映画祭となるよう準備を進めておりますので、是非ともご期待下さい。
 

竹内孝次プロフィール

竹内孝次1976年に日本アニメーションに入社。
「母を尋ねて三千里」「あらいぐまラスカル」「未来少年コナン」「赤毛のアン」の制作に携わる。
1980年、テレコム・アニメーションフィルムに移籍。
「名探偵ホームズ」「じゃりン子チエ」「リトル・ニモ」等テレコム作品の制作に携わる。
元テレコム・アニメーションフィルム社長。
アニメーション界の人材育成にも携わり、2011年~2015年に亘り、産官学連携事業の「アニメーションブートキャンプ」のディレクターを務めている。
2015年には、「アニメーションブートキャンプ」をシンガポール、タイでも実験的に行う。
また、2013年アニメーション教育研究のためパリ・ゴブラン学校で学ぶ。

NEWS ARCHIVE

PAGETOP