東京アニメアワードフェスティバル2018

TAAFとは?

ABOUT

東京アニメアワードフェスティバルは、新たな人材の発掘・育成、アニメーション文化と産業の振興に寄与することを目的とし、
『東京がアニメーションのハブになる』を合言葉に、高いクオリティとオリジナリティに富む世界中の作品を東京で上映し、世界中のアニメーションを愛する人々との交流を図り、クリエーターや観客に刺激と感動を提供し、そしてその感動や刺激を糧にアニメーションの新たな波を東京から世界へ発信します。

「東京アニメアワードフェスティバル2018(TAAF2018)」とは、一般社団法人日本動画協会が主催し、東京都が共催する国際アニメーション映画祭です。
運営は、TAAF2018実行委員会の下、TAAF実行委員会事務局が行います。

TAAF2018は、2002年に「東京国際アニメフェア」の一環として行われた「東京アニメアワード」を独立・発展させた国際アニメーション映画祭であり、2014年より開催され2018年で5回目の開催となります。

TAAFは、アニメーション作品とその制作者に栄誉を与えることで、世界中のアニメーション制作に携わるみなさんに勇気を与えられるようなフェスティバルでありたいと願っております。

日本国内で未興行の世界のアニメーション作品を対象にした「コンペティション部門」
日本国内で発表されたアニメーション作品を対象とした「アニメ オブ ザ イヤー部門」
アニメーション業界に貢献された方々を顕彰し、先人達の歴史、技術、生き様を伝える「アニメ功労部門」を中心に、
その他招待作品の上映やイベントを実施致します。

 

PAGETOP